week 94

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
ボードゲームクラブのメンバーが思ったより集まるので喜んでいたら、なんと別グループでもボードゲームクラブを創設しようと動いていたらしく(!)、急にメーリングリストが2倍になったのが愉快だった。みんなで大会でも開けそうな規模になってきたぞ。

今週新たにプレイしたのは「花火」と「アルゴ(Davinci Code)」。花火は協力ゲームなので、お互いにヒントを出し合って全員で高得点を目指す。気付きの連鎖を導くスマートなヒントの与え方などもあるが、ルール逸脱レベルの表情・眼力こそ最も強力なツールとして機能するのがウケる。アルゴもなかなか奥が深い、こちらは対戦ゲーム。これら2つのゲームは2人でも十分楽しめるというのがすごい。

ボードゲームなのか分からないが、「マフィア」でも久しぶりに遊んだ。マフィアは役職のないシンプルな人狼ゲームみたいなもの。導入は簡単で道具も要らない。今回は市民っぽい友人(実際市民だった)を庇いすぎたことで信用を失って負けてしまった。庇いすぎは良くない(教訓)。

そんなこんなで、初のシミ取りレーザー治療を受けたダウンタイムではあったが、論文の改訂を終えたあとゲームをし、ソウルに立ち寄った友人と議論をしたあとゲームをし、週末は国立現代美術館(果川館)を観覧したあとゲームをした、笑。


★☆★ 食事 ★☆★
初めて訪問する『ナクチ』で、ナクチ(タコ)鍋を頂く。生きたタコをそのまま茹でるので驚いた。苦手な珍味のミドドク(ホヤの仲間)が入っていたのは個人的にマイナスだったのだが、韓国の友人はおいしいおいしいと言ってたくさん食べていた。うーん、さすがだ。
【photo】

ビジターを連れて、『燃えるタッカルビ』や『タダム麺処』にも再訪。冷たいビビングクスと温かいチキンカルグクスの組み合わせがとても良かった。
【photo】

初めて訪れた新道林駅は、大きな駅で食事処もいろいろありそうだった。この街はシェラトン・ホテルを起点に人が行き交うからか、深夜まで賑わっているらしい。今回訪ねた『イチュンボク・チャムチ(鮪)』も朝2時まで営業している。マグロ専門の刺身屋さんで、韓国で食べる日本食としては抜群にうまかった。
【photo】

投稿者: miurror

韓国高等科学院 (KIAS) 研究員 / 数理科学絡みで色々な研究をしています。最近は人工知能やバーチャルリアリティなどの情報技術を、数学的現象を観測する手段として用いることに関心があります。