week 76

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
ソウルに戻ってしばらくは日本で購入した本を読みふける。KIASのセミナーやミーティングに出たり、導来圏の勉強を始めたりとインプット続きの一週間だった。

勉強会で、ニューラルネットワークに関わる数学の論文を読んでみたけれど、これがかなり面白かった。ニューラルネットワークという一現象を取ってみても、ちゃんと多変数複素解析のプロが没頭すれば多変数複素解析の美しい現象が立ち現れるようだ。人間至るところ数学あり、だよなぁ。

週末、ソウルに来た友人と明洞から南山韓屋村付近を散策。たまたま「ソウル無形文化祭り」というのをやっていて、餅つきや楽器の演奏を横目に、お酒の試飲が出来た。ここには遷都600年に埋められたタイムカプセルがあって、遷都1000年(西暦2394年)に開けるのだとか。普段はそこまで先のことはなかなか考えないけれど、このタイムカプセル広場に来ると、ついその遠い未来を想像してしまう。



★☆★ 食事 ★☆★
久しぶりに『蓬坪蕎麦』に。お気に入りのサイドメニューもまた注文。
【photo】

同じく定番の『New Delhi』に再訪。タンドリーチキンもおいしい。
【photo】

友人と一緒に明洞の『河東館』を再訪。今回はコムタンをスペシャルにしてみた(肉の種類が増える)。やっぱり旨い!
【photo】

韓国の焼肉と日本の焼肉は、別の料理という感じで、どちらもおいしい。しかし、今回行った明洞の『中一会館』は、スタイルは韓国流だが、どちらかというと日本人の口に合う感じの焼肉だった。実際、お客さんも日本人が何組かいた様子で、店員も日本語が話せる。肉もとてもおいしかったけれど、とくに冷麺には深い味わいがあって、思わずうなってしまった。ここはぜひまた食べに行きたい。
【photo】

投稿者: miurror

韓国高等科学院 (KIAS) 研究員 / 数理科学絡みで色々な研究をしています。最近は人工知能やバーチャルリアリティなどの情報技術を、数学的現象を観測する手段として用いることに関心があります。