week 161

スタンフォード大学にいる友人を訪問。大学に隣接するパロアルトの街は暖かくて緑が多く、大変過ごしやすい土地だった。”El Palo Alto(背の高い木)”という、街の名前や大学のエンブレムにも使われているセコイアの樹を見たが、なぜこんなにも大きな木が小川のほとりに育つのか、想像するのも難しかった。

大学のキャンパスにはたくさんヤシの木が植えられていて、正門から中心部分(メインクワッド)までまるで建物のない広大な土地が続くなど、贅沢に造られている。メインクワッドでは設立者のリーランド・スタンフォードや、寄付をした著名人の存在がこれでもかと強調されているのだけど、なぜか嫌味じゃないんだよな。
【photo】
week161-1

サンフランシスコまでの電車移動中、高校生?の集団が2階の半車両を陣取って、音楽を流して歌って踊り、乱痴気騒ぎをしていたのが印象的だった。ハリウッド映画かよ。

★☆★
チップもあって外食の物価は高いけれど、食事はほとんど外れない。マウンテンビューの”Paul Martin’s American Grill“では、せっかくのアメリカなので、とハンバーガーを注文したのだった。ああ、ソウルにもこのレベルのハンバーガーがあればなぁ。
【photo】
week161-2