week 156

共同研究者がKIASに滞在していたので毎日議論をして過ごす。普段は主にチャットで議論していたのだけど、やはり面と向かって議論すると思わぬ形で捗っていくのが楽しい。また最近忘れていたけれど、実データを弄って得られる発見はいつでも非常に面白い。これが現実を相手にする科学の面白さなのだろう。今回はデータ駆動型の研究になりそうで楽しみだ。

ボードゲームクラブでプレイした「Avalon」はとてもよく出来たゲームで、ぜひまたプレイしたいと思える名作だった。マフィアや人狼と類似のゲームだけど、負けてゲームから除外されるということがないし、最後の最後にEvil側に逆転のチャンスがあるところが絶妙のバランスになっている。

名作といえば、英語版の『コードネーム:デュエット』もシンプルな名作で、友人とじっくり非同期チャットでのプレイを楽しんでいた。英語の知らない意味にぶつかったりもして勉強になるし、ヒントの出し方もなかなか奥が深い。随分時間をかけてスタンダードゲームを初めてクリアできたのは嬉しかった。

★☆★

最近、回基駅の近くまで食事に出ることは多くないのだけど、フランチャイズの『ベトナム先生』を教えてもらって初めて訪問した。一人でも気楽に入れる雰囲気で、味も安定してそうだ。
【photo】
week156-1