week 100

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
輪読セミナーでよく準備された発表を聞く。次は自分の番だ。

最近は機械学習の勉強会でも論文を読むことが多くなったが、今回は久しぶりに実際のデータを弄って遊んでみた。約2年間気まぐれに議論を続けてきた脳のデータから初めて意味のある情報を取り出せたのが面白くて、ついつい色々試していた。

KIASでは外国人研究者向けの交流企画があって、雨の中、死六臣(サユクシン)公園と鷺梁津(ノリャンジン)水産市場に行く。

死六臣公園には、李氏朝鮮時代、幼い王様から王位を奪った叔父の世祖(セジョ)に対し暗殺を企てたことで処刑された6名の忠臣が祀られている。日本でいう忠臣蔵のような物語なのだろう。博物館には日本語も英語もなくて、正直その場ではチンプンカンプンだったが、顔ハメ看板好きとしては嬉しい受刑者の顔ハメ看板があってなかなか楽しめた、笑。

鷺梁津水産市場は東京でいう築地のような巨大市場だが、2016年に新館に引っ越しをしたばかり。引っ越す前は地べたに商品が並べられて、もっとずっと雑然としていたそうだが、今回見た限りではむしろかなり清潔な印象を受けた。こういう場所には縁遠いので、珍しい魚介類の数々には目を見張るばかりだった。
【photo】



★☆★ 食事 ★☆★
隣のお店と間違えて入ったパスタ屋の『カルロ・ボンボン』が小さいお店だったけれどとても良かった。リゾットがうまい。
【photo】

鷺梁津水産市場で、新鮮な刺身やカニなどをいっぱい食べた。例によって、淡泊な白身魚に辛味噌を絡めて食べる韓国流も試せる。
【photo】