近況報告: week 16

【今週の目次】
1. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 7月18日(月) ★☆★
昼頃から、読みかけて放置していたVRの教科書を読み直していたら、またハマってしまう。やっぱりVRはワクワクするな。

その後、VRネタでSTEMウォッチを書こうと思って論文を漁って夜更かしをする。


★☆★ 7月19日(火) ★☆★
やっぱりVR関係はもっと調べたいので、STEMウォッチで扱うのは少し先とすることに。そこで、急きょニューロン新生について調べた。記憶術はめちゃくちゃ面白いのだけど、科学としてどの程度調べられているかが、どうもよく分からなかった。

今回は踏み込めなかったけど、神経科学はVRとも関係するので、僕にとっては長期的なテーマになりそう。今だったら、大学に入学した当時はあまり興味の無かった生命科学基礎なんかもかなり楽しめるだろうなぁ。


★☆★ 7月20日(水) ★☆★
昼食で、また『Pho36st』に。このお店も定番になってきたけど、どのメニューも安定していて好感が持てる。
【photo】
week16-1

午後は、久しぶりに落ち着いて創造的な活動が出来た。紅茶を入れて、計算したり執筆したり。何にも代えがたい時間。

夜、『アルチュ』に行ってみる。ただの焼き肉じゃなくて、海鮮がメインのお店。うん、ここもなかなか良い感じ。
【photo】
week16_2

夜中に、ハードフォークしたイーサリアムが大体うまく移行したらしいとのニュースが。これは技術だけじゃなくて、ちゃんと大勢の心を掴んでいないと出来ないことだった。すごいな。


★☆★ 7月21日(木) ★☆★
午前中、友人に貸していたワインバーグの「科学の発見」を読み返していた。昨夜も議論していたのだけど、惑星の楕円軌道を看破したケプラーと、金星の満ち欠けや木星の衛星を発見したガリレオが、偶然同時期に登場したとはどうも思えない。

ひょっとすると当時の技術の発達は、観測や実験ばかりでなく、理論の進歩にも何か大きく影響を与えたのかもしれない。そう考えると、ケプラーという人の人生に俄然興味が湧いてきたなぁ。いずれまた調べてみよう。

午後は、幾つかの論文の修正や投稿作業に取り組む。修正の方はラストスパートに入っているが、あともう少し時間がかかりそう。

夕方、注文していたPCが届く。今回、KIASの研究費で性能の良いPCを買わせてもらったので、性能面をフル活用して面白い研究がしたい。


★☆★ 7月22日(金) ★☆★
今日は一日、論文の修正とチェック。

日本ではポケモンGoが配信されて随分盛り上がっていた。僕の場合、仮想世界側にシフトしていく未来をいつも想像しているので、ARゲームには大いに興味がある。なのに、どうやら韓国ではプレイできないようだ。ああ、残念すぎる。

夜はSkypeで打ち合わせ。


★☆★ 7月23日(土) ★☆★
ラストスパートということで、今日も一日論文に取り組む。

夕食は『山海開』で牛チャプチェご飯。このお店もなかなか手堅い良店だ。
【photo】
week16-3

★☆★ 7月24日(日) ★☆★
結局、今日もどこにも行かず論文に取り組む。まあ来週末は帰国するので、それを楽しみにしよう。

夜は、『キム先生』でプルコギ・キムパッ(焼肉海苔巻き)。美味しいけど、海苔巻きには醤油が欲しくなるというのは、日本の食の常識に囚われているのかもしれない。
【photo】
week16-4


【今週の目次】
1. 近況報告

ニューロンの新生と記憶

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

1. STEMウォッチ
私が注目する「科学、技術、工学、数学」の情報を、隔週で紹介するコーナーです。

第3回 「ニューロンの新生と記憶」
「脳の神経細胞(ニューロン)は、大人になると新たに生まれることはない」という考えは長らく定説だった。しかし、実際には1960年代に成体ラットの脳においてニューロンの新生が生じていることが突き止められており、その知見が90年代後半になるまで広まらなかったことは、不運な成り行きであった。

今では、ヒトを含む哺乳類の脳の特定の部位(海馬など)において、生涯にわたってニューロンの新生が続いていることが知られている。また、海馬の新生ニューロンの機能についても、記憶の形成や抗うつ作用を担っていることを示す数多くの研究がなされてきた。

自発的な運動習慣やストレスのない生活が、海馬におけるニューロンの新生を促進させ、シナプスの可塑性を高めるということも、マウスの実験から知られている。

【photo】
Exercise

記憶における海馬の役割は膨大な知見と謎に満ちていて、今なお精力的に調べられているようだ。記憶アスリート達が用いる記憶術「記憶の宮殿」などでは、こういった海馬を働きを上手く利用しているように見える。彼らの洗練された経験的技術が、今後どのように科学の研究と結びつくのか、なかなか楽しみである。

【参考サイト】
脳におけるニューロン新生を初めて突き止めたアルトマン博士の仕事についてなど、各所に分かりやすい説明があるが、日本神経科学学会の「脳科学辞典」は素晴らしい。自発的な運動習慣がニューロン新生を促すことを示した実験についての論文(英語)は眺めるだけでも楽しめた。

記憶術に関しては、ジョシュア・フォア氏の「ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由」という本がタイトルを裏切る濃密な面白さなので、お薦めである。

 

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 15

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

2. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 7月11日(月) ★☆★
今日は半日ほど、本を読んで過ごす。

夜、「シェフィ」という1人用カードゲームを薦められたので、アプリをダウンロードしてやってみた。マイナスの効果を持つカードを避けながら、とにかく羊の数を増やしていくというゲーム。1人用ゲームでこの面白さはすごいな、と思った。

ひとしきり遊んだ後、ジムで1時間運動して帰宅。


★☆★ 7月12日(火) ★☆★
昨日に引き続き、一日、本を読んだり、好きなことを調べたり、Pythonでちょっとしたプログラムを組んでみたり。

夜は、『カントン家』でサムギョプサル。このお店はまあまあという感じ。
【photo】
wwek15-1


★☆★ 7月13日(水) ★☆★
新しいアイデアを思いついた気がしたので、執筆したり、計算したり。でも結果は大したものじゃなさそうだ。その後、宿題の論文修正に向かう。

夕食は中華定食屋の『永華荘』に再訪。
【photo】
week15-2


★☆★ 7月14日(木) ★☆★
一日机に向かって、論文の修正をちまちま進める。

コンビニのお菓子コーナーに、高麗人参ゼリーなるものが売っていて何だか面白かったので買ってみた。まあ、味も効果も何とも言えない微妙な感じだったけど。
【photo】
week15-3


★☆★ 7月15日(金) ★☆★
今日もまた論文のため机にかじりついていた。夜更かしをして朝方、共有フォルダを更新。


★☆★ 7月16日(土) ★☆★
昼過ぎまで寝ていたら、寮監に部屋を何度もノックされて叩き起こされる。実は今までにも何度かあったが、今日は月に2回の消毒デーらしい。消毒しすぎ。

雨がひどかったのでオフィスにも行かず、寮で論文を弄っていた。

そして夜は、Skypeで打ち合わせ。


★☆★ 7月17日(日) ★☆★
また論文を書いたり、本を読んだり。昼間は出かけたかったが睡魔に負けてしまった。

夜、ジムでまた1時間運動。レッグプレスマシンの使い方が分かって嬉しかった。


【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 14

【今週の目次】
1. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 7月4日(月) ★☆★
今日は調べ物をしたり、執筆をしたりして過ごす。イーサリアムの仕組みは最高に面白いんだけど、将来の姿を想像するのは難しいなぁ。やっぱり実際にこの仕組みを使って何かやってみないと、完全に分かった気にはならないんだろう。きっと面白いことが出来るはずだけど、まだ何も思いつかない。

夜、LINEで友人の相談を受けたので、長電話をして色々と話す。「顕微鏡パックマン」の話題で大いに盛り上がった。研究とアートの境界っていうのも熱いな。


★☆★ 7月5日(火) ★☆★
今日は専らブロックチェーン関係の論文を読んだり、執筆をしたり。知らない分野の文献にどっぷりと浸かるのは楽しい。今回も時間ぎりぎりまで粘ってしまった。


★☆★ 7月6日(水) ★☆★
昼頃、『the 先進国』でスユククッパ。カルビタンに近い薄味で、なかなか美味しかった。
【photo】
week14-1

そのあとオフィスに行き、気になっていた計算をしたり、論文に取り組んだり。

夜、元気が無さそうな友人とSkypeでチャットをしていたら、色々議論になって、何だか余計に傷つけてしまった気がした。振り返ってしばらく考えていたが、自分の中にある偏見に気が付くことが出来たので、ありがたかった。


★☆★ 7月7日(木) ★☆★
今日はバージョン管理システムgitを導入して、共同研究の計算と論文の直し。導入はしてみたものの、gitの良さはまだ実感出来てないな。

夜は『寿司ヘナル』でカップル寿司。確かにカップル感のあるメニュー。
【photo】
week14-2

それから久しぶりに、ジムで運動をする。楽しくなって2時間ほど色々やっていた。


★☆★ 7月8日(金) ★☆★
昼過ぎに起きてオフィスへ。今日は、ルピシアのウバ・ハイランズ・クオリティを入れてみた。ミルクを切らせていたけど、ミルクティにすると合いそうな感じだな。

夜は、『モリ』でとんこつラーメン。素朴なラーメンだった。
【photo】
week14-3


★☆★ 7月9日(土) ★☆★
友人から新しくなった某有名ソシャゲ(モンスト)を勧められたので、久しぶりにプレイしてみた。初めに引くモンスターが肝心らしく、当たりが出るまでリセットを繰り返すというリセットマラソン(リセマラ)をやるのだとか。ひどい話だ。

せっかくなので、これも勧められていた「なろう系」のアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」(リゼロ)を観ながらやっていた。リゼロの恐怖感に当事者意識が加わる感じがして、このチョイスはなかなか愉快だった。

モンストのすごいところは、話しながらでも、テレビを見ながらでも、少し無理をすれば勉強をしながらでも、遊べちゃうという気軽さだよなぁ。なのに、膨大にあるモンスターやクエストには意匠が凝らされていて、コミュニケーションの種に溢れている。うーん、すごい。

ちなみにリセマラの結果。全然分からないけど、すごく羨ましがられた、笑。
【photo】
week14-4


★☆★ 7月10日(日) ★☆★
今日は一日、論文の修正をしていた。図を描くのが楽しくてハマっていたら、あっという間に時間が過ぎてしまう。

夜は、Skypeで一件打ち合わせ。


【今週の目次】
1. 近況報告

DAOと暗号技術

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

1. STEMウォッチ
私が注目する「科学、技術、工学、数学」の情報を、隔週で紹介するコーナーです。

第2回 「DAOと暗号技術」

先日、The DAOというイーサリアム・ネットワーク上の新規プロジェクトに対し、プログラムのバグを突いた攻撃が仕掛けられ、巨額の暗号通貨ETHが転送されてしまうという事件があり、ニュースになった。The DAOは今年の5月にクラウドファンディング史上最高額の資金調達を達成したばかりで、幸先の良いスタートを切った矢先の衝撃である。

今回の事件を分かりやすく例えるなら、注目を集めるベンチャー企業が現金の管理を誤って大金を盗まれてしまった、というニュアンスになるかもしれない。しかし、The DAOは企業ではないし、盗まれた物も現金ではない。その上、そもそもこれが「盗み」なのかどうかも意見が分かれるのではないだろうか。難解な事件だ。

近年、これまで人や組織に預けて来た信用を、暗号などの技術や数学に対する信用によって置き換えようという動きが活発になっている。その象徴は、ビットコインをはじめとする暗号通貨の登場だろう。この動きを牽引する技術者達の野心的な試みは今や、通貨に飽き足らず、「DAO」を目指して動き始めている。

DAOとは分散型の自動化組織(Destributed Autonomous Organization)のことで、名前の通り、「中央」の存在しない完全なる分権型の組織を表す新しい言葉である。既に特定の分野では、「法の支配」を自動化することでDAOを実現することが可能になっている。ビットコインやイーサリアム、そしてThe DAOなどのプロジェクトも、一般名詞であるDAOの一種であると言えるだろう。

【DAOの概念図】
DAO_concept

こうした試みの中核には、公開鍵暗号やハッシュ関数などの暗号技術が用いられている。しかし、その安全性を保証しうる数学上の予想(「P≠NP予想」)はまだ解かれていない。つまり今のところは、「数多くの天才達が反例を探しても見つかっていないという事実」が、実用上の安全性を担保している状況である。

【参考サイト】
暗号通貨の中核技術であるブロックチェーンについては、各所に優れた日本語の解説ページがある。歴史的背景や技術的詳細については、英語の原論文を眺めると専門外ながらなかなか楽しめた。(著者が正体不明のビットコインの論文(pdf)、Yellow Paperと称しているイーサリアムの論文(pdf)。)

DAOの概念図は、大石哲之さんの分かりやすいアゴラの記事を参考にした。この記事におけるプロトコルと自然法則との対比が面白い。DAOについては他にも色々面白い日本語の解説記事がある。また、The DAOで最初に提案されたプロジェクトSlock.itの紹介動画(日本語字幕付き)にはワクワクせざるを得ない。

今回の事件について説明するイーサリアム・プロジェクトVitalik Buterin氏のブログ記事(英語)では、本当に可能なのか?と思うような過激な解決策が提案されている。一方、攻撃したハッカー側からThe DAOとイーサリアムのコミュニティに向けた挑戦状とも取れる公開書簡(英語)もあって、そのふてぶてしさには不謹慎かもしれないが笑ってしまう。この事件はまだまだ進行中なので今後の展開から目が離せない。

公開鍵暗号やブロックチェーンに使われているハッシュ関数(ビットコインの場合はSHA-256)については、アルゴリズムを説明する日本語のサイトが各所にある。P≠NP予想はクレイ数学研究所によってミレニアム懸賞問題にかけられている。その公式ページ(英語)にはレクチャー動画があったりする。

 

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 13

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

2. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 6月27日(月) ★☆★
朝から本を読んだり、執筆をしたりして過ごす。

夜は、チャイナドレスのマネキンが出迎えてくれる『龍城』でジャージャー飯。韓国に来て2回食べたジャージャー麺の甘いジャージャーソースはイマイチに思えたのだけど、今日食べたのは美味しかった。卵の存在がポイントかもしれない。
【photo】
week13-1


★☆★ 6月28日(火) ★☆★
朝から時間をとって、視覚のレンダリングについて考える。少し気合いを入れて計算するだけの問題なのだが、時間がかかってしまう。

夜は、チメッ(チキンとビール)に行く(店名を記録しそびれた)。韓国でこの組み合わせは定番らしく、夏は冷たいビールを飲みに人が集まり、とても混むらしい。
【photo】
week13-2


★☆★ 6月29日(水) ★☆★
今朝は、フランス土産に頂いたKUSMI TEA DETOXを入れて、本を読んで過ごす。すっきりと飲みやすいので気分が良い。何を飲むかはとても重要だなぁ。
【photo】
week13-3

テンションが上がったので、またレンダリングの計算したり、3次元の場合を調べたり。


★☆★ 6月30日(木) ★☆★
今朝は論文の直しに取り組む。そして午後はまた読書。積ん読がたまってる。

夕食は、『ウォンジョ・タッカンマリ』にタッカンマリ(鶏の水炊き)を食べに行く。鍋の中身を食べた後、カルグクス(韓国式うどん)、ポックンパ(焼き飯)も。物理の話も聞けてなかなか楽しかった。
【photo】
week13-4


★☆★ 7月1日(金) ★☆★
今日も一日レンダリングについて調べたり、計算したり。

雨がひどいな、と思っていたら、オフィスで水漏れがあって大変だった。トイレも天井が落ちて水浸しになっていたし、階段にも雨漏りでバシャバシャ水が降っている。その他にもこの建物については、おいおい大丈夫かよ、と思うような危ない噂が色々と聞こえてくる。地震が起こったらきっと死ぬだろうな。


★☆★ 7月2日(土) ★☆★
今日は一日論文の直しに取り組む。

夜は、Skypeで打ち合わせ。僕が詰まって放置していた不等式の証明を、代わりにあっさり証明してくれた共同研究者には、相変わらず頭が下がる。長引いている仕事を早く終わらせたいので、来週は僕も論文に集中しよう。


★☆★ 7月3日(日) ★☆★
面白い夢を見たので、朝からそのアイデアを星新一風のショートショートに仕立てて、創作に理解のある友人に送ってみる。いつか機会があったら修正して晒そうかな。ほんの少しだけど、久しぶりに創作して楽しかった。

午後は、本を読んだり、執筆をして過ごす。


【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 12

【今週の目次】
1. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 6月20日(月) ★☆★
ブログで「STEMウォッチ」という隔週の新コーナーを始めるため、今日は重力波について調べたり、文章を書いたりしていた。

夜は『鳳雛チムタク』に再訪してチムタクを食べる。ここはやはり美味しい。お洒落な雰囲気で、若いお客さんも多い。
【photo】
week12-1


★☆★ 6月21日(火) ★☆★
今日は Wolfram言語のセミナーに参加したが、Mathematica(数式処理ソフト)のニューラルネットワーク・パッケージのデモを見せてもらい、大変感銘を受けた。やはりAIが数学や科学に対する破壊的技術になりそうなことは、ケアしている人はケアしているんだなぁ、という印象。

それから、また夜までかかって執筆。重力波が調べていて面白いので、つい時間をかけてしまった。


★☆★ 6月22日(水) ★☆★
『New Deli』に再訪してインドカレーを食べる。改めて、とても美味しい!そのあと、KIASに戻ってずっと議論していた。
【photo】
week12-2

夜、ブログのテーマに関係するphpを弄っていたら、ミスをしてWordPressのダッシュボード(管理画面)から弾かれてしまった。すると何故かFTPでもアクセス出来なくなって、手に負えない感じになってしまう。悔しいが今日のところは諦めて寝る。


★☆★ 6月23日(木) ★☆★
昨日のミスを修復しようと奮闘するも、FTPで繋げない理由がよく分からない。

夜は、またティールームで語る。今日のテーマの1つは、高等教育におけるイノベーションについてだった。実験設備を必要としない数学教育は、将来ほとんど完全にオンラインに移行するんじゃないか、という話。オンラインでも学位が取れるようになったら良いよなぁ。

ところで最近、ビットコインを仲介させれば、手数料を抑えた即日の海外送金が可能なことを知って、韓国で口座開設の手続きをしていた。この手続きには数日かかったが、ようやく今日、無事に日本へ送金出来た。Brexitの国民投票を前にして、ビットコインも激しく変動している。


★☆★ 6月24日(金) ★☆★
今日は本を読んで過ごす。

数週間KIASに滞在していた研究者の友人が来週帰ってしまうので、最後に飲みに行こうとなった。まず、『新村ソルロンタン』で沸騰しながら出てきたソルロンタン(牛骨スープ)を食べる。そのあと、『monk』に行き、ビールで乾杯。
【photo】
week12-3

帰ってからまたブログの修復を試みたが、結局FTPで接続出来ない理由は分からなかった。その他の方法で何だかんだ試行錯誤して、朝方にようやく修復。長かった。


★☆★ 6月25日(土) ★☆★
今日は一日論文の修正をしていた。

夜はSkypeで打ち合わせ。


★☆★ 6月26日(日) ★☆★
今日は南山韓屋村へ観光に行き、ベトナム料理店『HoaBinh』でフォーを食べる。そのあと、テコンドーの演武を観たが、これがかなり格好良かった。ミュージカル的な要素を取り入れたり、客いじりがあったりと工夫が見られ、非常に楽しめた。

それから、茶室で韓国の緑茶を頂く。韓服の素敵なお姉さんが点ててくれた。雨前茶、細雀茶、中雀茶などがある中で、中雀茶がお薦めなのだそう。実際、とても美味しかった。
【photo】
week12-4

夕方から明洞に行き、有名な『明洞餃子』でカルグクス(韓国式うどん)を食べる。明洞は日本人観光客がすごく多くて驚いた。
【photo】
week12-5

そして、帰ってからまた計算にハマって夜更かしをする。


【今週の目次】
1. 近況報告

重力波の観測と宇宙開発

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

※追記(2016.6.23):公開後、コンテンツ毎に記事を分けました。

1. STEMウォッチ
私が注目する「科学、技術、工学、数学」の情報を、隔週で紹介するコーナーです。

第1回 「重力波の観測と宇宙開発」

今年の2月、重力波が初めて直接観測されてニュースになった。検出器が捉えた天体現象は連星ブラックホールの合体である。公転する2つのブラックホールが光速の約半分という凄まじい速さで衝突して、時空を波立たせる。そんなことが、この空の彼方で「実際に起きている」という事実は、想像すればするほど驚異である。

この重力波の観測範囲を将来大きく広げると期待されているのが、レーザー干渉計宇宙アンテナ(LISA)だ。LISA計画とは、広大なスペースを必要とする低周波の重力波検出器を宇宙空間に設置してしまおうという壮大なプロジェクトである。実現すれば、銀河衝突などの大規模な現象や、より遠くの現象も見られるようになる。

【LISAの想像図】
LISA-waves

昨年末、LISAの技術を実証する目的で、小型試験機「LISAパスファインダー」が打ち上げられた。現在、地球から遥かに離れた宇宙空間で技術試験を行っており、期待以上の精度を見せているとの報告もある。

近年、このような衛星打ち上げを含む世界の宇宙産業の市場規模は年々拡大し、経済成長率を上回っている。特に、民間企業による宇宙ビジネスへの参入・拡大の動きは活発になっていて、ベンチャー企業の成功が頻繁に伝えられるようになった。私たちは「宇宙大航海時代」の兆しを見ているのかもしれない。

さて、このタイミングの良い宇宙産業の成長は、LISA計画にもかなり良い影響がありそうだ。何より打ち上げコストが大幅に下がるという期待がある。将来、LISAや、より低周波の重力波検出器が打ち上げられ、重力波で宇宙の果てを見る日が来るのが待ち遠しくてならない。

【参考サイト】
最初の重力波観測についてはLIGO公式の日本語版まとめ(pdf)が、詳しくて面白い。先週発表された2回目の観測についても英語版フライヤー(pdf)が出ている。また、友人が、物理・宇宙・天文に関する質問に無償で答えるという素晴らしいサービス(重力波天文学徒さんのask.fm)をやっているので是非紹介しておきたい。

LISAパスファインダーの最新情報は公式サイト(英語)にある。宇宙産業の市場規模については米国宇宙財団の2015年の報告書(有料)のデータが各所で引用されていたためそれを参考にした。

宇宙ベンチャーのBlue OriginSpace X は公式サイトに動画があってワクワク感がすごい。日本では、インターステラテクノロジズが高度100kmの宇宙観測ロケット「モモ」の今夏打ち上げを目指していて、campfireで支援を募っている。

 

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 11

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

※追記(2016.6.23):公開後、コンテンツ毎に記事を分けました。

2. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 6月13日(月) ★☆★
ランチはビジターを連れて、昨日も行った『蓬坪蕎麦』へ。
【photo】
week11-1

ビジターを囲んで卓球をする。全員で卓球台の周りをぐるぐる回りながら交代で打つというルールが面白かった。計算を挟む追加ルールを加えていくあたりが数学者っぽい。久しぶりに良い汗をかいたなぁ。

そのあとセミナーに出て、夜は『鍾路のり巻き』に行く。気楽に入れる感じのお店で味も良かった。
【photo】
week11-2

夜はティールームでひとしきり語った後、arXivへの投稿作業で夜更かしをする。

 

★☆★ 6月14日(火) ★☆★
今日は一日、4次元の視覚レンダリングについて改めて考えていた。投影処理と陰面消去についてまとめたメモをグループに送る。しかし肝心の座標変換が求まっていないのでまだまだである。

そして今日付けで以下の共著論文が公開された。
Atsushi Ito, Makoto Miura, Shinnosuke Okawa, Kazushi Ueda,
“Calabi–Yau complete intersections in G_2-Grassmannians”,
arxiv: 1606.04076.

 

★☆★ 6月15日(水) ★☆★
午後セミナーに出て、夜は『五官ずし』に再訪。茄子のお寿司もなかなか美味しい。
【photo】
week11-3

それからティールームで深夜まで語ったあと、寮に戻ってLIGOの発表を見る。

今度は以下の論文が公開された。前の論文を引用したので1日ずれてしまった。
Atsushi Ito, Makoto Miura, Shinnosuke Okawa, Kazushi Ueda,
“The class of the affine line is a zero divisor in the Grothendieck ring: via G_2-Grassmannians”,
arxiv: 1606.04210.

 

★☆★ 6月16日(木) ★☆★
一日本を読んで過ごす。

夕方、『都邑地』でスンドゥブチゲ定食。
【photo】
week11-4

夜は、物理学者に物理の話を聞きまくる。うん、面白い。

 

★☆★ 6月17日(金) ★☆★
今日もまた本を読んで過ごす。

夜は『アバウトしゃぶ&鉄板焼き』でしゃぶしゃぶとマンドゥ。他のお店で食べたしゃぶしゃぶより美味しかった。
【photo】
week11-5

 

★☆★ 6月18日(土) ★☆★
昼は『Pho36st』に再訪して、パイナップルの鶏グリル焼き炒め丼を注文。
【photo】
week11-6

そして一日論文の修正や計算をして、夜はSkypeセミナー。

 

★☆★ 6月19日(日) ★☆★
お昼にトンカツ(店名を記録しそびれた)を食べた後、バスから見えて気になっていた秀林文化財団のアートセンターに行ってみる。日本でも活躍した舞踏家、崔承喜の企画展をやっていた。
【photo】
week11-7

そのあと、植物園を散策したあと、清凉里のロッテシネマで日本では公開前の『ジャングルブック』を観たり、ロッテマートで買い物をしたり。

夜はお勧めされた『彗星カルグクス』でカルグクスを頂く。
【photo】
week11-8

帰ってからは、ちょっとした計算にハマって夜更かし。

 

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

week 10

★☆★ 6月6日(月) ★☆★
今日はまた大塚のラーメン屋『鳴龍』で醤油チャーシュー麺。やはり美味しい!
【photo】
week10-1

午後は、先生に会って最近の行動を説明する。助言を頂けて大変ありがたかった。

そのあと、以前はよく行ってた新宿の喫茶店『珈琲貴族』へ久しぶりに訪れて、本を読んだり、Skypeで話したり。

夜、『(サバと餃子の旨い店)九州熱中屋』でまた夢を語る。
【photo】
week10-2


★☆★ 6月7日(火) ★☆★
朝から駒場で2件打ち合わせ。「4次元積み木」に関して1つ宿題が出来た。

数理のコーヒータイムでは、友人にマリアージュフレールの「パリ-ギンザ」を薦められたが、これは確かに美味しい!

その後、もう1件数学の打ち合わせで、これはどちらかと言うとSkype通話を横で聞いてる感じ。

夜は、10年振りに再会した研究者の友人と、オープンしたばかりというお店『ビストロTERIYAKI秋葉原』に。さらに2軒ハシゴして深夜まで飲んだ。
【photo】
week10-3


★☆★ 6月8日(水) ★☆★
今日も朝から駒場で打ち合わせ。少しだけ進捗があって良かった。

午後はソウルに戻り、寝転んで本を読んでたらそのまま寝てしまっていた。


★☆★ 6月9日(木) ★☆★
今日は一日、本を読んで過ごす。

夕食は近所の焼肉屋『ソレカモメ』に再訪してカルメギサルセット。食事は日本も良いけど、韓国も良いなぁ。
【photo】
week10-4


★☆★ 6月10日(金) ★☆★
今日もまた、一日本を読んで過ごす。日本で調達した本がどれも面白くてつい読み耽ってしまう。

夕食は中華料理店『香格里拉』で麻婆豆腐ご飯。
【photo】
week10-5


★☆★ 6月11日(土) ★☆★
今日は、論文に手を加えたり、本を読んだり。

そして夜は、Skypeで打ち合わせ。また共同研究者の仕事っぷりに舌を巻いた。やっぱり新しい物の見方を提示するような研究が面白いなぁ。


★☆★ 6月12日(日) ★☆★
シーツ類を洗ったりして部屋を片付けたので、気持ちよく岩村紅茶のルンビニFBOPを入れて読書。最高だな。

昼食は『蓬坪蕎麦』に再訪して蕎麦ビビン麺。このお店、夏は重宝しそうだ。
【photo】
week10-6

夜は、また焼肉に(店名を記録しそびれた)。その後、ティールームで人工知能について議論した。振り返ってみると、今週は7日とも誰かとこれ系のことを語ってたな。
【photo】
week10-7