近況報告: week 24

【今週の目次】
1. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 9月12日(月) ★☆★
午前中は、駒場で数学の打ち合わせ。タイミングが良いことに、丁度待っていたプレプリントが出ていたので、その論文に関する議論をする。

昼は、『むぎ』でぶりの照り焼き定食。
【photo】
week24-1

午後、お世話になった身体運動科学の先生に研究の相談に行く。4次元積み木に絡めた実験の進め方について、アドバイスを頂いた。

そのあと、少し時間が出来たので渋谷で「シン・ゴジラ」を観る。

夜、六本木『万徳』でソフトウェア開発をしている友人と会う。地鶏すき焼きも美味しかったし、色々情報を教えてもらって勉強になった。そのまま、『Hackers bar』へ。ここはリクエストしたプログラムをその場でコードしてもらえるというユニークな趣向のバー。せっかくなので軽い数学の実験をしてもらったら、妙に贅沢な気分になった。
【photo】
week24-2


★☆★ 9月13日(火) ★☆★
「人工知能と脳科学」のキックオフ・シンポジウムに参加するため、数年ぶりに本郷に行く。時間があったので理学部1号館に入ってみたのだけど、懐かしくて胸がいっぱいになった。特に物理図書室はヤバい。なんたって10年前と本の並びがほとんど変わっていないのだ!

昼は、『末廣』で末廣チャーシューめん(とんこつ醤油)。これもまた思い出の味で、感動を抑えるのに必死だった。味と記憶の繋がりってすごい。
【photo】
week24-3

で、肝心のシンポジウムは、まあ、面白そうではあった。ただ、人工知能を使って脳に直接入出力を、という方向での研究の話を勝手に期待していたので、それ系の話が一切登場しなかったのは残念だったな。きっと別分野なんだろう。

夜は、数学者の友人と神泉の『サトウ』に。夜このお店に行ったのは初めてだったが、焼きポテサラなど気の利いたメニューもあって、とても趣があった。そのあと、渋谷でビリヤードとボーリング。ビリヤードでは、カットボールを適当にアレンジして盛り上がっていたのだが、後で調べたら「隠し球」という定番パーティーゲームとほぼ同じルールだった。
【photo】
week24-4


★☆★ 9月14日(水) ★☆★
朝から、日本バーチャル・リアリティ学会の年次大会に参加。

色々面白い講演を聴いたのだが、特に印象に残ったのが、ろうあ者に光や振動で「音」を届けるヘアピン型デバイス「Ontenna(オンテナ)」(ontenna.jp)の開発者、本多達也さんのお話。言葉に情熱がにじみ出ていて、すごく好感が持てた。頑張ってほしいなぁ。

昼に、お弁当を食べながら参加できるランチョンセミナーがあるのも、なかなか嬉しい。外から学会に参加すると、ほんのわずかな時間でも情報に触れていたいという気持ちになる。

午後に参加した人間拡張技術のセッションはとにかく熱かった。たとえば、肘の動きを利用して分裂した手を操作する研究や、眼閃を利用したヘッド・マウント・ディスプレイの可能性を探る研究など、明確なビジョンのある研究がたくさんあって実に面白かった。

夜は、Skypeで数学の打ち合わせ。


★☆★ 9月15日(木) ★☆★
バーチャル・リアリティ学会2日目。今日は朝から展示も見て回る。学生対抗のVRコンテストIVRC(ivrc.net/2016)の予選大会が行われていて、企業展示と比べても遜色のないハイレベルな作品がたくさんあった。

予選を通過出来なかった作品にも、ワクワクさせられるものがあった。たとえば、「Realize Virtuality」という作品では、バーチャルなヘッド・マウント・ディスプレイを順々に脱ぎ捨て、段階的に視覚の解像度を上げるという体験をさせてもらった。現実世界の解像度すごいな、という気付きは滅多に味わえないもので、記憶に刻まれる素晴らしい体験だった。

午後、「シン・ゴジラ」の樋口真嗣監督の特別講演を聴く。流石に話の組み立てが上手くて面白かった。そして、リアリティに対する飽くなき探求心が凄まじい。やはり創造には気迫が伴うものだよな。話を聴いて、「シン·ゴジラ」、もう一度観たくなった。

そのあと、懇親会で何人かに4次元積み木の話もしてみたり。


★☆★ 9月16日(金) ★☆★
バーチャル・リアリティ学会最終日。人工的立体視が生体に与える影響など、地味ながらも重要な研究の話を聴く。

また、超人スポーツ研究委員会の発足を受けたオーガナイズド・セッションで、超人スポーツの展望を聴いたが、可能性をひしひしと感じた。程よく超人性を感じられる競技と、影響力あるイノベーターが登場すれば、一気に広まる予感。

今日はランチョンセミナーが無かったので、つくばの『なかやま』で新さんま焼き定食。適当に入ったお店だけど、レベルが高い。
【photo】
week24-5

そして夜は、外苑前で開発のもくもく会。


★☆★ 9月17日(土) ★☆★
今日もまた駒場で研究者と会って、4次元積み木に絡めた実験のアドバイスを受ける。サイエンスアゴラの後、ちゃんと実験も出来そうで面白くなってきた。

ひとしきり話した後、少しだけラットの飼育室を覗かせてもらった。ラットは想像していたより体が大きいので驚く。しかもめちゃくちゃ可愛い・・・・・・。可愛い・・・・・・。

夕方から、Spaceeで借りた渋谷の会議室で定例ミーティング。そのあと、『海峡』で唐揚げを食べた。
【photo】
week24-6


★☆★ 9月18日(日) ★☆★
今日は一日、買い物をしたり、本を読んだりして過ごす。友人がTwitterで薦めていた「東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にかなわない」を読了。勇気をくれる良い本だなぁ。

昼は、池袋の『一蘭』へ。ラーメン、半替玉、オスカランの酸味で、小銭が出ない注文。
【photo】
week24-7

その後、レイトショーで「聲の形」を観た。ろうあ者のヒロインを囲む登場人物たちのハードモードな人生が描かれる。オンテナを、オンテナをあげたい!


【お知らせ】
★ 11月5, 6日のサイエンスアゴラに出展します。
http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/booth/aa_046/

【今週の目次】
1. 近況報告

近況報告: week 23

【今週の目次】
1. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 9月5日(月) ★☆★
今日は休みを取ったので、『ボンジュッ』で参鶏アワビ粥を食べたあと、清凉里の『Angel-in-us Coffee』で数学。面倒そうに思えた補題があっさり証明できたので、まあ良かった。
【photo】
week23-1


★☆★ 9月6日(火) ★☆★
今日は一日、本を読んだり、プログラムを弄ったりして過ごす。

夜は、『鍾路のり巻き』でキムパッ(のり巻き)とマンドゥ(餃子)。さすが店名に掲げているだけあって、キムパッは旨い。
【photo】
week23-2

そのまま美容院に行くと、待ち時間が出来たのでコイン・ノレバンに。少し歌ったあと、髪を切ってもらって帰宅。


★☆★ 9月7日(水) ★☆★
今日はようやく目標としていた4次元立体視を実装。ただしGitHubの基本的な使い方で混乱してしまい、ずいぶん時間がかかってしまった。まだまだ慣れないなぁ。


★☆★ 9月8日(木) ★☆★
プログラムに気になるバグがあるので、一日、原因を考えたり、調べたり。うーん、分からん。

昼食では、常連になった『蓬坪蕎麦』で蕎麦ビビン麺を食べる。ちなみに麺を食べる際、自分で適当な長さに切るというのが韓国式だ。
【photo】
week23-3


★☆★ 9月9日(金) ★☆★
プログラミングはいったん切り上げて、帰国の準備。増えてきた書籍を自炊するなど。

金浦国際空港では2時間ほど出発便が遅れたので、空白時間が出来た。そこで、空港内の韓国料理店『ハヌルチャン』で海鮮入り豆腐チゲ定食を食べる。
【photo】
week23-4


★☆★ 9月10日(土) ★☆★
今日は東京の自宅でゆっくり過ごす。夕方からは、渋谷でサイエンスアゴラのミーティング。


★☆★ 9月11日(日) ★☆★
今日は友人の始めたYouTubeチャンネルに出演させてもらうため渋谷へ。

昼食は、『香港ロジ』でタクシ飯。おすすめされて半信半疑で注文してみたけど、確かに美味しかった。量も多い。
【photo】
week23-5

それから収録。カメラを前に皆で好き放題に喋るというのは、想像よりも遥かに楽しいことだと分かった。

夜は、若乃花がプロデュースしたという『若の台所』で、情報系研究者の友人と会う。個室が落ち着く雰囲気の良いお店で、話も盛り上がり、素晴らしい時間が過ごせた。
【photo】
week23-6


【今週の目次】
1. 近況報告

近況報告: week 22

【今週の目次】
1. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 8月29日(月) ★☆★
今日はまた、シェーダーの勉強をしながら、4次元積み木のプログラムを弄っていた。4次元空間内でカメラを自由に動かせれば、それだけでも、普段はあまり見たことがないような映像が撮れそうで、期待してしまう。


★☆★ 8月30日(火) ★☆★
ようやく、4次元から2次元への直接の透視投影(単眼)をUnityで実装できた、はず。ただし計算量がギリギリでカクついてしまう。もう少し考えて組み直さないとなぁ。他にも挙動がおかしい部分がある気もするが、とりあえずコミット。

夜は、また『鳳雛チムタク』に訪れ、チムタク(鶏の甘辛煮)からのポックンパ(焼き飯)。その後、カフェで雑談。これからの数学教育におけるチームプロジェクトの在り方などについて語る。色々アイデアが出て楽しかった。
【photo】
week22-1


★☆★ 8月31日(水) ★☆★
今日もまた、ずっとOculus Riftで4次元を見つめながら、カメラをグリグリと動かしていた。どうもおかしな挙動が見られるなと思っていたら、余剰次元方向のディスプレイの見切れを考慮していないことが原因だった。しかし、これはどう修正するのが自然なのかな。正解が分からない。


★☆★ 9月1日(木) ★☆★
今日は一日、ディスプレイの見切れが原因の不自然さを解消しようと奮闘していた。見切れた物体はだんだん薄くなって消えていく、というのを実現しようかと思ったけど、素朴にやると、処理落ちして残像が残ってしまう。

夜は、数学の共同研究の計算をしたり、原稿に手を加えたり。


★☆★ 9月2日(金) ★☆★
気分を変えて、今日は一日、本を読んで過ごす。

夜は、『ノルブ』の部隊チゲと『雪氷(ソルビン)』のきな粉ピンス。どちらも旨い。
【photo】
week22-2


★☆★ 9月3日(土) ★☆★
今日は、光化門近くの『咸興麺屋(함흥면옥)』に再訪し、絶品のカルビタンを頂く。その後、仁寺洞を観光した後、『木響(モッキャン)』で、なつめ生姜茶とパッピンス。これもまた美味しい。
【photo】
week22-3

夕方、サイエンスアゴラのミーティング。からの、『鳳雛チムタク』で今週2度目のチムタク&ポックンパ。ちょっとこのお店ハマりすぎだ、笑。


★☆★ 9月4日(日) ★☆★
今日は、初めて漢江の南へ足を伸ばす。お昼は、新沙洞・カロスキルの『セマウル食堂』で、熱炭(ヨルタン)プルコギ。写真を撮ってInstagramで呟くと、お弁当がサービスされる。これをガシャガシャ振ってビビンバにして食べるというのが、楽しくて良かった。
【photo】
week22-4

午後は、『C27』でチーズケーキとエスプレッソを頂きながら、暇つぶしに数学。目に見えた成果はなかったけど、まあまあ面白かった。
【photo】
week22-5


【今週の目次】
1. 近況報告

近況報告: week 21

【今週の目次】
1. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 8月22日(月) ★☆★
今朝は早起きして、プログラミングをして過ごす。Oculus Riftで、3次元に投影した美しい4次元立方体の影を観察しながら、コントローラーでグリグリ回転させては、スクリプトを弄る。皆のおかげで、少しずつだけど目標に近づいているのを実感するなぁ。

夜は、ティールームで雑談。


★☆★ 8月23日(火) ★☆★
今日は、開発の中でややこしい計算にぶつかり、なかなか踏み込めずに頭をひねっていた。どうにも進まないので、夕方からは切り替えて、他の雑務をやっつけてしまう。


★☆★ 8月24日(水) ★☆★
昨日詰まっていた部分を一日中計算して、何とかなりそうな気配になる。

夜は、『ノルブ(欲張り)』で、部隊チゲと参鶏湯。部隊チゲは辛くなさそうに見えるが、下にコチュジャンが隠れていてしっかり辛い。そしておいしい。
【photo】
week21-1

オフィスに戻って、Skypeで数学の打ち合わせ。軽い雑談のつもりが、殊の外、議論も盛り上がり、かなり有意義であった。


★☆★ 8月25日(木) ★☆★
昨日の計算を基に実装を進める。しかし、今度はシェーダー(リアルタイム描画に特化したGPUプログラミング)が難しくて、詰まってしまう。

夕方からは切り替えて、まず、数式処理が易しいmathematicaでの実装を目指す。


★☆★ 8月26日(金) ★☆★
今日も一日プログラミング。mathematicaで、ようやく明確な形で4次元透視投影を実装出来た。あとはこれを何とかシェーダーに移植したい。

夕方、『ポボ』でチキンカツとフォーの定食。ここのカツはなかなかだった。
【photo】
week21-2

夜は、開発チームの「もくもく会」にオンライン参加して、引き続きレンダリングの問題に取り組む。話に上がったので、UnityのAsset Storeを眺めてみたら、本当に素材が充実していて驚いた。

僕は小学生の頃、友人とゲームボーイのソフトを作りたいと思って動いたものの、実現の道筋が見えずに諦めてしまった苦い経験がある。それに比して、今の子供たちはUnityで思い通りにゲームが作れるし、ある意味「ポケモンGO」とも対等な条件で戦えるのだから、すごい時代になったものだ。

深夜、夜食に『モリ』へ。以前食べた豚骨ラーメンは、まあまあという感じだったが、今回頼んだ味噌チャーシュー麺は数倍美味しくて良かった。食後はコイン・ノレバン(韓国式の激安無人カラオケ)に初めて行き、久しぶりに歌った。
【photo】
week21-3


★☆★ 8月27日(土) ★☆★
昼過ぎに起きて、またプログラミング。

そして夕方からはサイエンスアゴラのミーティングで幾つか必要なことを決めた後、『鍾路のり巻き』で石焼ビビンバを頂き、またコイン・ノレバンに。
【photo】
week21-4

夜、数学の共同研究の計算に本腰を入れて取り組んでみる。すると何もかもが上手くいっていることが分かり、ハッピーだった。いつものことながら、共同研究者の冴えっぷりに感動!


★☆★ 8月28日(日) ★☆★
今日は本を読んだり、計算をしたり、インターネットをしたりして過ごした。

夕方、『戦いの達人』に再訪して、1人ポッサム。
【photo】
week21-5

そのあと、3日連続のコイン・ノレバンに。すっかりハマってしまった。人件費のかからないこのビジネスモデルは相当すごいと思うけど、なぜ日本に無いのだろう。


【今週の目次】
1. 近況報告

近況報告: week 20

【今週の目次】
1. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 8月15日(月) ★☆★
終戦の日の今日は、韓国では祝日(独立記念日)なので、ビジターの友人と街へ繰り出すことに。お昼は、『豊川ウナギ』で石焼牡蠣栄養ご飯を食べ、そのままバスで東大門へ向かう。
【photo】
week20-1

東大門デザインプラザ(DDP)は、日本でも新国立競技場の設計で話題となったイラク出身の女性建築家ザハ・ハディド氏の設計で、ユニークな形が見もの。しかし展示の内容が見合っておらず、宝の持ち腐れ感が半端じゃなかった(入場はしなかったので、奥に入れば面白い可能性はある)。

DDPにはあまり見る物も無かったので、清涼里まで散歩をしてみる。途中、露天商が密集するソウルの貧しい街の実情を目にした。とても商売が成り立つとは思えないが、きっと持ちつ持たれつの生活なのだろう。

その後、清涼里青果市場なども初めてゆっくり散策して回った後、ロッテマートでビビン冷麺を食べて帰宅。
【photo】
week20-8


★☆★ 8月16日(火) ★☆★
昼過ぎに起きて、執筆をして過ごす。STEMウォッチは自分にとっては有益なのだが、それなりに時間も取られていたので、今後は不定期更新とすることにした。11月5~6日のサイエンスアゴラまでは「4次元積み木」の開発に専念して、11月に新コーナーを始めたいと思う。

ちなみに、先週の記事(blog.miurror.net/week-19)ではMathematicaにカエルと判断されてしまった鳥(データベースに含まれるラベル付き画像の1つ)であるが、同じ神経網と同じデータベースを用いて10倍(約2時間半)の訓練をさせてみたところ、鳥の確率が99.99995%になった。しかし、データベースに含まれない画像はまだバラつきが大きい。


★☆★ 8月17日(水) ★☆★
今日は一日Unityを弄って過ごす。

夜は、友人を連れて『鳳雛チムタク』に。その後、また慶熙大学のキャンパスを散歩して(定番コース)、有名チェーンの『雪氷』でデザートを食べる。これがいわゆるパッピンスなんだっけ?よく分かってない。とにかく、すごい量だったのでシェアして正解だった。
【photo】
week20-3

その後も、メンバーの書いてくれたスクリプトを参考にしつつ、色々自分でプログラムを組んでいたら夜更かしをしてしまう。


★☆★ 8月18日(木) ★☆★
昼は、『蓬坪蕎麦』で蕎麦ビビン麺を食べる。蕎麦でキムチを巻いたサイドメニュー(写真)がすごく美味しかった。
【photo】
week20-4

その後、友人に交じって弦理論の話を聞く。夕方、代数幾何セミナーに参加した後、ディナーで『一松』に再訪。夜は、到着したばかりの数学者の友人と合流して、ビアバー『mock』で遅くまで話す。いやぁ、なかなか有意義で楽しかった。
【photo】
week20-5


★☆★ 8月19日(金) ★☆★
今日は一日プログラミングに没頭。スクリプトで色々作れるようになって、かなり面白くなってきた。作りたいもののイメージが溢れてきて仕方がない。


★☆★ 8月20日(土) ★☆★
昨夜から、ぶっ通しでプログラミングにハマってしまい、食事も睡眠もすっかり忘れていた。

夕方から、4次元積み木のミーティング。初めてappear.inを使ったけれど、5箇所を繋ぐビデオ通話が機能していて、なかなか印象的だった。

その後、『あびこ』でクリームカレーパスタ。空腹は最高の調味料だな。
【photo】
week20-6


★☆★ 8月21日(日) ★☆★
早起きしたので、またプログラミングに没頭したかったのだが、計画停電で電気もインターネットも使えなくなってしまった。寮とオフィスを同じ日に停電しなくても、と思ったけれど、仕方がないのでカフェを巡ることに。

実を言うと、午後は麻浦駅にある年中無休のコワーキングスペースを目指して少し遠出をしたのだが、残念ながら日曜日はスタッフ不在のため入会ができなかった。孔徳駅まで歩きつつ、またカフェを探す。最終的には、『BEANS BINS COFFEE』というカフェで何とか少し作業が出来た。

踏んだり蹴ったりだったが、帰宅後、緑茶を入れて、お土産に頂いた銀座松濤の生菓子を食べたら、これが素晴らしく旨い。良いセンスしてるなぁ!
【photo】
week20-7


【今週の目次】
1. 近況報告

人工知能と数式処理システム

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

1. STEMウォッチ
私が注目する「科学、技術、工学、数学」の情報を紹介するコーナーです。隔週で更新しておりましたが、今後は不定期更新とします。11月からの新コーナーにご期待下さい。

第5回 「人工知能と数式処理システム」

今年の3月、Google Deepmindによって開発されたコンピュータ囲碁プログラムAlphaGoが、世界最強の囲碁棋士の1人であるイ・セドル九段を破り、ニュースになった。このAlphaGoに用いられているようなAI(人工知能)の技術は、今後、人類の知の拡大をどれほど加速してくれるだろうか。

Google Deepmindの共同創業者の一人であるDemis Hassabis氏は、インタビューで「AIにアシストされる科学」を目指すというビジョンを語っている。曰く、約15年後にはAI科学者がNatureの論文に著者として加わることになるかもしれない、と。この15年というスパンが的を射ているか否かはともかく、今や多くの研究者がその目標に向かって動いている。

ところで、ある意味では「AIにアシストされる科学」はとっくに始まっていると言えるかもしれない。というのも、MathematicaやMaple、フリーソフトではSageといった数式処理システムが、すでに科学や数学の研究において深いレベルで利用されているからだ。

先週の月曜日(2016年8月8日)、新バージョンのMathematicaがリリースされた。今回のバージョンには、幾つもの注目すべき実験的な新機能が追加されている。とくに、AlphaGoにも使われた深層学習を、専門知識なく利用できるニューラルネットワーク関連機能の導入は面白い。今後、市井の研究者が最新のAI技術をどのように科学や数学に応用していくのか、本当に楽しみでならない。

【カエルの確率47.8%の鳥】
bird

ちなみに、私のラップトップでもこの新機能を試してみた。10種類のラベル付き画像のデータベース(CIFAR-10)を使い、サンプルの神経網に約15分間の訓練をさせてみると、それなりの精度を実現することが出来る。(ただしまだミスも多く、例えば、上の画像については、カエルの確率が47.8%,鳥の確率が36.5%、猫の確率が6.8%などとなった。)

【参考サイト】
Demis Hassabis氏へのインタビュー記事として、2015年の記事(英語)2016年の記事(英語)を参考にした。AlphaGoのアルゴリズムに関する論文(英語)や、Deep Q-Network(DQN)に関する論文(英語)は、まだあまり読めていないが、各所にあるこれらの論文の解説記事なども大変参考になる。

宣伝ではないが、Mathematica 11に追加された新機能の紹介は、Wolfram Researchという会社が科学研究の未来をどのように捉えているのかが垣間見えて面白い。

 

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 19

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 8月8日(月) ★☆★
昨夜は、遅くにタクシーで帰った。その際、僕が三万ウォン(삼만원)と四万ウォン(사만원)を聞き分けられなかったことやウォンを持っていなかったこと、タクシーの運転手がメーターを使わずズルをしようとしたことなどが重なって、若干トラブってしまった。結果、日本円三千円を払うという訳の分からない折衷案(?)で合意。ちょっと可哀想なことをしてしまった。

到着後も、手荷物で運んだOculus Riftの動作確認などをしていたら、夜更かしをしてしまう。なので、今日はかなり遅めに出勤して、執筆をして過ごした。


★☆★ 8月9日(火) ★☆★
今日も一日、執筆に精を出す。一応、数学の方も日本に帰って議論した成果があったので、それをノートにまとめるなど。

夜は、初めて行く韓国料理のお店に(店名を記録しそびれた)。なかなか良かったので、今度もう一度行ってみよう。
【photo】
week19-1


★☆★ 8月10日(水) ★☆★
今日は、サイエンスアゴラに向けた諸々の準備に取り掛かる。Slack, GitHub, Unity, C#など、慣れないツールや言語をどんどん導入するのは楽しいが、まだ使いこなせていない。

まず最初にやろうとした、Oculus Riftにデスクトップ画面を映す、ということすらまだ出来ていないのだが、それも一旦保留することにして、Unityに専念することにする。


★☆★ 8月11日(木) ★☆★
今日もUnityを弄っていて、ようやくメンバーが作ってくれたコードの中身をある程度理解出来るようになった。

昨日から寝食を忘れてやっていたら効率が落ちてきたので、ジムで運動をして軽く汗を流した後、一旦寮に戻って寝る。


★☆★ 8月12日(金) ★☆★
昨日に引き続き、Unityの4次元立方体のソースコードを読みながら色々と弄ってみる。

夜は、ビジターの友人を案内して『Black Stone』でサムギョプサル。なぜか牛肉のメニューが全部無くなっていて残念だった。その後、ワッフルを食べたり、慶熙大学のキャンパスを散歩したり。
【photo】
wekk19-2


★☆★ 8月13日(土) ★☆★
ビジターの友人を連れて、お昼は『豊川ウナギ』に。ウナギを初めて頼んでみたが、コチュジャンをつけてサンチュに包んで食べるという韓国流が、なかなか面白かった。そしてそれが意外に美味しい。
【photo】
wekk19-3

夜は、「4次元積み木」のミーティングにSkypeで参加。


★☆★ 8月14日(日) ★☆★
お昼は、『BULLANSUE』でサムギョプサルの食べ放題。びっくりするほどのコスパで、味も十分美味しかった。
【photo】
wekk19-4

その後は、主に数学の議論をして過ごす。結果になりそうで、今一歩足りない。

夜は、『アバウトしゃぶ&鉄板焼き』に。初めて研究費で皆の食事代を持つという韓国流を試してみたけど、筋違いの感謝をされるのは正直性に合わないな。韓国の納税者の皆には頭が上がらない。きっといつかフィードバックしよう。
【photo】
wekk19-5


【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 18

【今週の目次】
1. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 8月1日(月) ★☆★
休暇なので、東京の自宅で執筆をして過ごす。

夕食は、『太陽のトマト麺』で太陽の茄子ラーメン。ここは食べログのスマートフォンアプリを利用したてだった頃、唯一気まぐれに短いレビュー(「クセになる旨さ」)を書いてみたことのある、大塚でお気に入りのお店の一つ。お酢をもらって、らぁリゾを食べるとやっぱり旨い。
【photo】
week18-1


★☆★ 8月2日(火) ★☆★
今日は本を読んだり、執筆をしたり。STEMウォッチで紹介したゲーム「Foldit」をちょこっとだけプレイしてみたが、なかなか難しかった。


★☆★ 8月3日(水) ★☆★
お昼に初めて行った池袋のイタリアンレストラン『BARDI』がかなり良かった。ランチメニューから選んだパスタ料理はグリーチャ。サラダの時点で美味しかったが、生パスタの味付けと塩加減が絶妙でハッとなる。フォカッチャも旨い。そしてデザートのカタラーナと、ラバッツァのコーヒーとのハーモニーが最高で、思わず唸ってしまった。
【photo】
week18-2

午後は、駒場で数学の打ち合わせ。これまでの研究の延長で、素直に進められそうなテーマを2つ用意して行ったが、議論してみると、どちらもそれなりに意味がありそうな展開になった。短い時間だったけど、生産的で楽しかったな。

夜、高田馬場駅にて、友人と考えた「スナップ・スナッフ」という少し変わった趣向の待ち合わせをやってみる。お互い見つからないように相手を探し、先に暗殺(=写真を撮影)されて写真をLINEに流された方の負け。

この遊びをガチでやろうと思い、わざわざ髪まで染めて、バッチリ変装しようだなんて計画していたのだけど、結局中途半端だった上に、20分弱であっさり殺されてしまった(左の影)。悔しいからまたやりたい。
【photo】
week18-7

その後、『ピカソ高田馬場店』に。このお店の、パルミジャーノのリゾットは格別!
【photo】
week18-3

それから、池袋までポケモンGOをやりながら散歩。Ingressの時も思ったけど、やはり深夜に思いもよらない面白いポケストップ/Portalと出会った時の、ぞっとするような、得も言われぬ感動は、位置ゲーの醍醐味だよなぁ。


★☆★ 8月4日(木) ★☆★
今日は朝早くから一日駒場で打ち合わせ。昨日の打ち合わせで見つけた例がなかなか面白そうだったので、主にそれが話題になる。

夜は、たまたま駒場に集まっていた数学者の友人たちと、『たもいやんせ』に。
【photo】
week18-4


★☆★ 8月5日(金) ★☆★
今日も一日、打ち合わせ。昨日までの議論にはちょっと手詰まり感があったので、別の例を議論するも、こちらも手詰まり。うーん。でも、これぐらいのペースが普通なのかもしれない。

昼は、久しぶりに池ノ上のカレー屋『ゴッホ』に。駒場からは遠いので結構歩くのだけど、十分にその価値のある美味しさだと思う。ただ、今日は店長、何だか元気がなかったな。
【photo】
week18-5

夜は、新宿の中華『川香苑2号店』で激辛メニューを食べる。
【photo】
week18-6

その後、昔よく遊びに行っていた『なぞともカフェ』に寄って、零狐春の「BOX X」に挑戦。期待していたため、脱出直後はあんまりだったかなという印象だったのだけど、後になって振り返ると、コンセプトが一貫していて、なかなか綺麗な謎だったことに気が付いた。さすがだ。


★☆★ 8月6日(土) ★☆★
今日も朝から打ち合わせ。といってもたまたま持ち合わせていたOculus Riftを皆に体験してもらったら、ほとんどそれで時間が過ぎてしまった。

そして夕方から、渋谷の『Connecting The Dots』の会議室にて、サイエンスアゴラ企画に向けたキックオフ・ミーティングを開催。先週末に決まったばかりの急な開催だったのに、13人ものメンバーが集まってくれた。

そして優秀な技術者達の手にかかれば、この短いミーティングの合間でも、回転する4次元超立方体の投影像をOculus Riftで覗けるようになるらしい!!代わる代わるOculus Riftを覗き込み、大いに盛り上がった後、全員で打ち上げに。本当に素晴らしい体験だった。


★☆★ 8月7日(日) ★☆★
今日は韓国に戻る日だが、遠方から訪ねて来てくれた高校教師の先輩を囲んで雑談。

羽田から飛行機で夜景を見ながら飛び立つ時、昨日のミーティングでの幾つかの瞬間を思いながら気持ちが高揚していた。高次元にVRでアクセスすることの意義も、実現性もはっきりしない中、リスクを承知で集まってくれたメンバー一人一人の顔を思い返すと、心を打たれる。色々なしがらみもあるが、今は、このメンバーでワクワク出来ることに全霊を注ごう!


【今週の目次】
1. 近況報告

シリアスゲームと科学研究

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

1. STEMウォッチ
私が注目する「科学、技術、工学、数学」の情報を、隔週で紹介するコーナーです。

第4回 「シリアスゲームと科学研究」

2008年、ワシントン大学から「Foldit」というオンラインゲームが公開されて、話題となった。このゲームでは、コンピュータによるランダムな探索だと時間のかかる、タンパク質の立体構造を予測する問題を、誰にでも挑戦できるパズルとして出題している。

Folditのチュートリアル・パズルでは、水素結合の多い方がスコアが出る、などといったゲームのコツを学ぶ。そして訓練を積んだプレイヤー達は、競争して、また互いに協力しながら、実際の科学の問題である、タンパク質の構造予測や設計に携わることになる。このような、現実にある課題の解決を目的としたコンピュータゲームを「シリアスゲーム」と呼ぶ。

【Folditのスクリーンショット】
foldit

現実世界のある種の課題は、ヴァーチャル世界にシミュレートすることによって、訓練・解決に要するコストを低減出来るだろう、というのがシリアスゲームの立脚するアイデアである。

このアイデアが適用できる課題の種類は実に豊富で、特にここ数年は、教育・学習やトレーニング、健康・医療といった生活に密着する分野でのシリアスゲームが、急速に身近なものになった。今後、2020年までにシリアスゲームの市場規模は倍増するとの予測もある。

Folditの成功は、シリアスゲームが教育・学習に留まらず、科学研究そのものへも貢献出来ることを示している。今はまだ、研究分野のシリアスゲームはプレイヤー達自身にとってのメリットが小さく、通常のゲームに競り負けてしまう印象があるが、今後この状況が変わり、研究に欠かせないツールとして使われるようになれば、実に面白いと思う。

【参考サイト】
Folditについては公式サイト(英語)でゲームをダウンロード出来る。このページには、科学的な背景の説明や、出版論文のリストも置かれている。そのうち、Natureなどに掲載された幾つかの論文では、Foldit playersが共著者に加えられている。

本記事ではシリアスゲームとゲーミフィケーションの区別には拘らなかった。脳トレやフィットネスアプリもシリアスゲームの一種と捉えて参考にした。シリアスゲームの市場予測についてはMarketsandMarketsの調査報告書(英語)のサマリーなどがある。

 

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 17

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

2. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 7月25日(月) ★☆★
今日も一日、論文のチェックと修正をしていた。

そして夜は、Skypeで打ち合わせ。今日の打ち合わせは長丁場だったけれど、ようやく論文を公表出来そうな感じで、まあ良かった。


★☆★ 7月26日(火) ★☆★
今日も、論文の細かい修正を重ねる。

夕食は、『ボンジュッ』で、かぼちゃ粥。ここはジュッ(お粥)専門のチェーン店だけど、メニューが沢山あって面白いのでまた行こうと思う。
【photo】
week17-1

寮に戻ると、PC(surface)の電源アダプタが断線して使えなくなってしまっていた。実は、以前にも電源アダプタだけが故障して購入し直したことがある。surfaceの電源アダプタは接続部分に負荷が集中しやすい形状になっていて、あまり良くないんだよな。

それで少しバタバタしたけれど、夜はまたSkypeで打ち合わせ。その後、最後に少しだけ証明の一部に説明を加えて、深夜に論文をarXivに投稿した。


★☆★ 7月27日(水) ★☆★
昼過ぎから、もう一本の論文の最終チェック。

そして、夜はまたSkypeで打ち合わせ。細かい修正をした後、こちらもarXivに投稿した。

ちなみに昨日投稿して、今日公開されたのは以下の論文。
Daisuke Inoue, Atsushi Ito, Makoto Miura,
“Complete intersection Calabi–Yau manifolds with respect to homogeneous vector bundles on Grassmannians”
arXiv: 1607.07821


★☆★ 7月28日(木) ★☆★
今日は、のんびり本を読んだり、執筆をして過ごす。

同僚が歯痛で辛い物を食べられないので、さっそく『ボンジュッ』に再訪。今日食べたのは、きのこ粥。一昨日も思ったけど、ここのメニューは1人分に見えて結構量が多い。なので、複数人でシェアするのが良いかもしれない。
【photo】
week17-2

そして、前の論文を引用したので1日ずれたけど、以下の論文も今日公開された。
Daisuke Inoue, Atsushi Ito, Makoto Miura
“I-functions of Calabi–Yau 3-folds in Grassmannians”
arxiv: 1607.08137


★☆★ 7月29日(金) ★☆★
朝早くに寮を出て、金浦から羽田へ。今回は何のトラブルも無かった。

東京の自宅に届いていたOculus Riftを初めて手にする。こういうワクワク感は大事にしたいなぁ。インストール作業の後、少し買い物をしたり、美容院に行ったり。

夜は、久しぶりに大塚の「カッチャルバッチャル」に。タンドリーチキンが美味しすぎて感動するレベル。
【photo】
week17-3


★☆★ 7月30日(土) ★☆★
昼、大塚の「洋食GOTOO」で生姜焼き定食。このメニューは洋食と言うより日本食だよな。
【photo】
week17-4

午後は、サイエンスアゴラの企画説明会に参加。それから、カフェに移動して打ち合わせ。なかなか楽しかった。

夜、Oculus Riftに同梱されていた、Playful Corp. 開発のゲーム「Lucky’s Tale」をプレイしてみたが、任天堂リスペクトの非常に完成度の高いゲームで、しばらくハマってしまう。VRゲーム、本当にすごいな!


★☆★ 7月31日(日) ★☆★
ポケットwifiが届いたので、ようやくまともに「ポケモンGO」で遊べるようになった。ARゲームもまた、Oculus Riftとは違った良さがある。無事レベル5に到達したので、友人から勧誘されていたチーム赤を選択。といっても日本にいる間しかプレイ出来ないのだが。

そして、護国寺ジョナサンで少し執筆作業。

夜は、学部時代の友人で集まって池袋「ino」へ。文章ではうまく説明出来ないけど、独特の掛け合いが懐かしくて本当に楽しかった。みんな変わらないなぁ。
【photo】
week17-5


【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告