week 70

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
勉強会では、相変わらずChainerを弄って遊んでみた。好奇心の赴くままにやっていると、いつの間にか機械学習の勉強会という様相を呈している。自分の書いたプログラムが学習していく様子ってのが何故か面白いんだよな。レッドオーシャンではあるだろうが、なかなか楽しいのでもうしばらく遊んでみよう。

それから、出版せずに放置してしまっていたD論主要部の出版が決まって、ほっとするなど。色んな人にお世話になって、本当に良い勉強になった。また、共著の一つも、関係する面白そうな論文が出たことでバタバタと仕上げにかかる。

週末は同僚のご家族と食事に行く。家族ぐるみの付き合いで、いつも韓国の生活情報を教えてもらったり、一緒に買い物に行ったり、本当にお世話になっている。今回もこういう機会でしか聞けないような貴重な話が聞けて、とても楽しかった。


★☆★ 食事 ★☆★
同僚の家族と『The Table』に。全体的に普通な感じのイタリアンではあるが、マルゲリータが美味しかった(写真は別のピザ)。
【photo】

week 69

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
プログラミングの勉強会で、Chainerを触ってみる。のんびりとした勉強会なので普段はあまり進まないのだけど、Chainerが面白いのでしばらくハマって進捗を生んでしまった。チュートリアルが分かりやすくて素晴らしい。

DAppで作ろうとしているのは、いわば「真理値スカウター」。開発を外注することも考えて色々と動いてみる。すると話がどんどん面白くなってきた。普段は絶対使わないようなビジネスっぽい方向にも頭を使う。でも本気で前へ進めようと思えばこういうことになるよな。何でも経験だと思って頑張ろう。

日曜日はキャンパス全域の計画停電で、寮もオフィスも電気が使えなかった。そこで弘大(ホンデ)エリアへ遊びに行く。色々とおいしい物も食べたが、何よりも感動したのは、若者たちの路上パフォーマンスだった。
【photo】

このエリアでは夜になると、自然と若者たちが集まり、演ずる側とファンとに分かれて盛り上がっているようだ。そもそも街並みがそれを意図した造りになっていて、素晴らしい文化プラットフォームだと思った。


★☆★ 食事 ★☆★
初めて入った『ヤンプン キムチチゲ』。キムチの酸味がラミョンとマッチしていて最高だった。探せば回基にもまだまだ良店が眠っているな!
【photo】

弘大で人気だというチョコレート・カフェ『MOBSSIE(モプシ)』で焼きチョコレートケーキを頂く。丁度いい甘さ加減で、好みの味だった。アツアツを薄めのアイスコーヒーと一緒に。
【photo】

instagramで見つけて訪れた弘大の『Kitchen LAB』。パイで包まれた、海老のクリーム窯焼きパスタは、提供方法が愉快なだけなく、とてもコクがあってリピートしたいクオリティだった。
【movie】

これは美味しかった #ホンデ #kitchenlab

Makoto Miuraさん(@miurror_jp)がシェアした投稿 –



week 68

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
週の前半で論文の改訂作業を終え、研究を進める。

VRのセミナーでは、また4次元積み木の実験にフィードバックできそうなことを教えてもらった。そこで、実験の準備にも手をつける。当初の計画より遅れてしまったが、さすがに次の帰国で最初の実験をやりたいところ。他分野だから踏み込めないというのが言い訳にならない時代だ。

あとは、例によってプログラミングをしたり、久々にコロキウムに出てみたり。DAppの方も原理にこだわり出すとキリがないので、とりあえずまず勉強がてら作ってみることにした。あれもこれも欲張ってやっていこう!


★☆★ 食事 ★☆★
チムタクやピンスに、タッカルビ。もはや行きつけなのでお店の紹介は省略。さすがに回基で新しいお店を開拓するのは難しくなってきたな。
【photo】

【photo】

week 67

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
先週は以下の共著論文を更新した。
Atsushi Ito, Makoto Miura, Shinnosuke Okawa, Kazushi Ueda
“Derived equivalence and Grothendieck ring of varieties: the case of K3 surfaces of degree 12 and abelian varieties”
arXiv: 1612.08497

共著者が有能すぎて、おんぶにだっこ状態だけど、とにかくまだ仕上げたい論文は幾つかあるので、少しでも貢献したいところ。

Skypeセミナーで、VR空間ではサイズの認識などの知覚特性に歪みが生じることがあるという最近の研究について教えてもらう。脳で何が起こっているのか、正直仕組みはほとんど分からないが面白い。コンピュータ・ビジョンの黎明期においては視覚についても同じ楽観があったように思うけれど、人間の知覚は素朴に想像するよりも遥かに複雑で、主要な問題が解明されるにもまだまだ時間がかかりそうだ。

複数の友人と話す機会があって、めでたい話やありがたい話を聞く。そして共同研究者との議論は相変わらず有意義過ぎて、びっくりする。


★☆★ 食事 ★☆★
『燃えるタッカルビ』に再訪して、タッカルビとポックンパ(焼き飯)を注文。辛いけれど美味しい。
【photo】

週末は同僚の物理学者に教えてもらい、狎鴎亭ロデオの『アオリの神隠し』へ行ってみる。システムも味も一蘭によく似たラーメン店。とんこつラーメンに、韓国らしいピリ辛ソースがかかったラーメンで、評判通りの美味しさだった。帰りに寄った『Paris Croissant』のピーチムースも良かった。
【photo】

week 66

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
ソウルに帰ってからは、研究に戻って計算をしたり、執筆をしたり。

時々やっている OpenAI Gym でも少しだけ進捗があった。自分たちで書いたプログラムが、よちよち歩きで学習していくのは可愛すぎる。てんで学ばないナマクラなAIもまた趣がある。いずれは彼らをちゃんと育てて、定理を直観させたり、証明させたりしたいものだ。

週末、九州北部豪雨の直後というタイミングで北九州へ。これはもともと予定していた私用の帰省だったが、祖母の家には避難指示が出るなど、実家にも少しだけ影響があった(その後、すぐに家には戻れた)。用事を済ませてソウルへトンボ帰り。この1年で北九州空港は本当に便利になったな。


★☆★ 食事 ★☆★
仁川国際空港の『美好』でチャンポン。この真っ赤なチャンポンが、韓国ではとてもポピュラーなメニューの一つ。
【photo】

week 65

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
作りたいアプリも具体的になってきたので、少し優先してプログラミングを続けていたのだが、JavaScriptの良い勉強になった。またグラフ・ランキング・アルゴリズムも最低限のものをデザインして軽く実装してみる。

VR関係のセミナーでは、運動錯覚の際、脳で何が起きているかの研究について聴く。腱振動刺激による運動錯覚ってのを初めて知ったが、論文を読んでもどんな感覚のものか想像できない。これはぜひ一度体験しなくてはなぁ。

週末は、青年団の「さよならだけが人生か」再演を観るため東京へ。形容しがたいが、初期の作品だけあって勢いがあり、素晴らしかった。日曜日には浅草の銭湯に行ったり、秋葉でラズベリーパイを購入してみたり(ハルロックの影響)。写真は浅草「アウルの森」の前にいたふくろう。かわいかった。
【photo】

今回の帰国では予定していなかった友人を含め、何人かの人と会えてとても有意義だった。とくに、DAppの新規プロジェクトについて意見を聞けたことは非常にありがたい。やりたいことが山のようにあるが、全て楽しんで進めていきたい。

★☆★ 食事 ★☆★
大塚に住んでいた頃、お気に入りだったラーメン屋『鳴龍』に再訪。今やすっかり有名になってしまい、2時間も待ってしまった。個人的には酸辣麺がおすすめ。
【photo】

浅草の『ときわ食堂』で昼食。ドキュメンタリー番組で紹介されていたとかで、友人に連れて行ってもらう。こういう日本食が恋しかった!
【photo】

week 64

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
PythonやJavaScriptでいろいろとプログラミングの練習をしながら、作りたいアプリの概要を詰めようと試みる。友人に話したことで、妄想だったものが少し具体的にはなったものの、まだまだ、ぼやっとしているな。PageRankのような、ある種のグラフ・ランキング・アルゴリズムが肝で、この辺りも最近の進展を調べてみるとなかなか面白い。

プログラミングの勉強会では、OpenAI Gymで機械学習のアルゴリズムを実装しつつ、その内容を議論する。機械学習は、多少なりまっとうな動きをするプログラムが書けると、楽しくなって延々と遊んでしまう。それでも、うまく動作を説明するのは困難なので、結局、多数のプログラマーが気軽に遊んで「ガチャを引く」環境を用意することがとても重要なんだろう。

VR関係のセミナーでは、3次元インターフェースの研究について教えてもらう。統合的な自由度は、なるべく統合的にマップした方がいい、というような、割と普遍的なルールがありそうで興味深かった。これを参考に高次元のインターフェースを考えたいところではあるが、ちょっと先になりそうだな。


★☆★ 食事 ★☆★
深夜でも営業している『モリ』の味噌チャーシューラーメン。始めの頃に幾つかのメニューを試してみたけど、結局このメニューに落ち着いた感がある。素朴な味。
【photo】


カフェで食べる朝食には、たくさんの選択肢がある。この日は『CAFFE PASCUCCI』でハムエッグサンドとアメリカン。隣に『A twosome place』もあって捨てがたいが、ここも悪くない。
【photo】

week 63

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
研究と論文の改訂を除けば、ひたすらpythonを弄った一週間だった。The python challengeや、OpenAI Gymの問題に取り組んでみたり、シンプルなブロックチェーンもどきを作って遊んでみたり。勉強会も何だかめちゃくちゃ楽しくなってきた。pythonだけではまだ出来ないけど、作りたいDappがあるんだよなぁ。

一方、服を買いにまた上鳳へ行ったり、同僚と焼肉やポッサム(茹で豚)に行ったりもした。日本語が堪能な韓国人の友人を含めて、毎ターン新しくルールを付け加える「変則覚えてしりとり」をやったが、意外と盛り上がった。こんなゲームまで出来てしまう語学力には驚嘆してしまう。


★☆★ 食事 ★☆★
近所の『麻浦炭火カルビ』で食事会。お薦めされたテジカルビを注文。そして食後に冷麺が付いてくるのがまた良い。
【photo】


回基の『豚足・ポッサム 王』でポッサム(茹で豚)を頂く。たしかポッサムはまだ一人ポッサムしか試したことがなかったので、新鮮で楽しかった。帰りには『sweet bowl』でストロベリーピンス。でかい。
【photo】



そしてまた『タダム麺処』でコングクス(冷たい豆乳麺)。自分で塩味を調整して食べる。暑い日のコングクスは最高だと分かった。
【photo】

week 62

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
平日は、主に研究と執筆。小さな進捗を共著者に送る。

それからチャットでpythonの勉強会。久しぶりだったので前回の進捗を思い出すところから始めて、効率の悪いアルゴリズムを一つ実装するところまで。せっかく「パーフェクトPython」を入手したのに、まだあまり活かせていないな。

週末は、上鳳のコストコへ買い出しに行く。大きなサイズの食料品など、近所のスーパーでは手に入らない物を色々と買うことが出来た。ただし、あまりの混みっぷりに笑ってしまうな。試食を多用する独特の売り方は、ECには真似できない価値なのかもしれない。
【photo】



★☆★ 食事 ★☆★
回基周辺ではほとんど一択のインドカレー屋『New Delhi』。このお店ではビーフカレーよりチキンカレーの方がずっと美味しいことを再確認した。レビューサイトには東大門にある「エベレスト」というお店の方が良いという意見もある。今度はそちらにも行ってみよう。
【photo】

研究所の近くに新しく出来た『虎の洋食レストラン』で食事会。でかいプレートにジャンクフードが乗ってくるのは馴染みのないスタイルで、とても楽しかった。
【photo】

week 61

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
週の前半で執筆に一区切り付いたので、少しずつまた研究を進める。仕切り直して議論を思い出すところから。アウトプットは出来ていないが、今後のことを色々と決めることが出来た一週間だった。

個人がICO(Initial Coin Offering)によって資金調達できるVALUというサービスが始まって注目を集めたり、WEB広告業界の革命に挑戦するBraveが、やはりICOで資金調達をしたりと、ブロックチェーン界隈の興味深いニュースが続いた。この辺りは、技術の概要をつかむことさえ大変だけど、とにかくいちいち面白いのでハマってしまう。国や会社組織といった、既存の価値がガラガラと音を立てて崩れていく様子を目の当たりにしている感じ。

週末は、去年の対談動画のデータ(未公開)を頂いたので、客観的に自分を見る良い機会になった。拙いなー、笑。しかし実に楽しいので、いずれこういう動画もバンバン撮ってアウトプットしていきたいものだ。


★☆★ 食事 ★☆★
久しぶりに『タダム麺処』でコングクス(冷たい豆乳麺)。 サイドメニューで注文した肉キムチチヂミがまたピり辛で美味しい。
【photo】

ソ兵長vsキム二兵』でプデチゲ。プデチゲ(部隊チゲ)は、朝鮮戦争時代に米兵が配っていたハムが使われて、韓国に広まった料理と言われている。ここは店員も客層も若くて、どちらも慶熙大の学生なんじゃないかという感じがする。
【photo】

本粥(ボンジュク)』はお粥の専門店で、韓国での辛い食べ物に疲れた時には重宝するお店。写真は人気があるという、きのこ粥。新大久保にも店舗があるらしい。
【photo】

*ランニングソングは続かないので辞めにしました。