week 83

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
機械学習やプログラミングの勉強会は、振り返ってみれば半年以上続けている。これまでは教科書的な課題や論文の解読ばかりしてきたので、そろそろちょっと作りたいものを作りながら、実践的な勉強もしてみようという話に。早くアウトプット出来るといいなぁ。

コーディングはどうしても1人で集中する時間が必要なので、pythonを弄り倒して遊んでいた。新しいことにはいちいち時間がかかるけど、実に愉快なプロセスだ。

数学の方はセミナーに出たり、論文の改訂を進めたり、本を読み進めたり。

本と言えば、最近のジャンプ+の勢いにつられて、「ヒカルの碁」を読みなおしたりもした。やっぱり名作だよなぁ。友人によるとヒカルの碁は韓国でもとてもメジャーらしい。この作品、Alpha Go Zeroが生まれた今になって読むとまたずいぶん違った感想を抱いてしまう。


★☆★ 食事 ★☆★
本粥(ボンジュク)』で緑豆粥(ノクトゥジュク)。このお店は、テイクアウトにするとしっかりした専用の容器に詰めてもらえる。量が多くて食べきれない場合もあるが、その時はポジャンへジュセヨ~と言って持ち帰るのがオススメ。
【photo】

久しぶりに『フラミンゴ』に訪れ、餃子(マンドゥ)を食べる。記憶に無かったのだけど、とても良店だった。緑色のマンドゥが辛くないもので、黄色のマンドゥはちょっと辛い。今度はまたしゃぶしゃぶを食べに行きたいな。
【photo】

week 82

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
KIASの数学グループで済州島へ行く。セミナーもやりつつ、韓国の最高峰である漢拏山に登ったり、ドラマ「オールイン」のロケ地を訪れたりと、事務さんのおかげで充実したスケジュールの旅行だった。とても気持ちのいいところだったので、今度は夏にも行ってみたいなぁ。
【photo】

済州島から戻ったら、セミナー続きでもっぱら数学の勉強をしていた。KIASにいるうちに、4次元積み木の数学的な部分はもっと議論を進めたいなぁと思いながら、研究に関係なさそうでありそうな分野の話をたくさん聴く。

週末は、たまたま来ていた友人と一緒にソウルを観光。定番の景福宮をはじめ、初のカジノに行ったり、梨大、新村、弘大あたりまで、2日間かけて回った。

ソウルの「セブンラックカジノ」には、外国人だけが入れる。みんなテキパキとプレイするので何も知らない初心者の僕はテーブルに座るだけで緊張だった。とりあえず、ヒットとステイだけ覚えてブラックジャックのテーブルに座ってはみたが、その緊迫感に5分と耐えられず、そそくさと会場を後にしたのだった、笑。
【photo】



★☆★ 食事 ★☆★
済州島では色々なお店に連れて行ってもらったが、とくに良かったのは『トラジ食堂』の魚料理。とくに太刀魚の煮付けは最高だった。
【photo】

ソウルで参鶏湯の有名店『土俗村』に行ってみる。結構な行列だったけれど、早く動いたのでお店にはすぐに入れた。注文したのは烏骨鶏の参鶏湯。山参(天然の高麗人参)は、少量でもすごく香り高くて味わいが変わるので、一緒に注文するのがおすすめ。骨が多くて食べにくいのが玉に瑕だが、文句なしのおいしさだった。
【photo】

ナグォンアグチム』で、初のアグチム(アンコウのピリ辛蒸し煮)に挑戦。
アンコウをわさび醤油に付けて食べる。ミドドク(ホヤの仲間)という珍味が混じっていて、これがめちゃくちゃ癖のある味。正直僕は苦手だったのでアンコウの部分だけ楽しんだ。辛めで注文したのに、そんなに辛くない。日本人かと訊かれたので、それで手加減されてしまったのかもしれない。
【photo】

week 81

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
近所にある慶煕医療センターに行き、健康診断を受ける。検査内容がかなり充実していてありがたかった。とくに、初胃カメラは、終わるまでは怖かったものの、思い返せばなかなか愉快な体験だった。喉に麻酔を吹き付けられるのが、まるで毒のようでヤバかった。

勉強会やセミナーで、少々遠回りのインプットをたくさんする。1本論文を公開したことで、期せずして研究の方向性についてもういちど考える良い機会になった。

実験について相談出来る相手がいることはありがたいことだ。今回もまた計画を聞いてもらい、アドバイスを頂く。4次元積み木の研究という文脈ではこの実験がとにかくめちゃくちゃ大事なんだよな。優先順位を上げて頑張りたい。

機械学習の勉強会ではバッチ正則化がなぜ効いてくるのかの議論。成長の可能性が一極集中するのを防ぐ仕組みみたいなもの。社会にも税制みたいなものが自然発生したわけだし、人間の脳にも似たようなシステムがあるのかもしれないな。興味深い。


★☆★ 食事 ★☆★
先週は外食しなかったので、近所づきあいで頂いたり、教わったりした食材や料理たちの写真を少し。ケランマリ、コンドゥレパッ(高麗アザミ葉ご飯)など。献立の幅が広がっている、笑。
【photo】

week 80

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
ソウルに戻ってからは、ランチミーティングに参加したり、幾つかのセミナーに出たり。10月からうちの研究室にもポスドクが増えて賑やかになったなぁ。

新たに始めた勉強会で、ちょこちょこ関数解析を勉強する。これはほとんど趣味。とはいえ、考えたい問題が幾つかあるのでその辺りも意識しつつ、まずは基礎固めをすることに。解析はご無沙汰だったので、微積のテストで落とされそうなミスをしてしまい焦った。うーん、でもまあ、そんなもんか。

機械学習の勉強会もほとんど教養のために続けているけれど、これがまたなかなか刺激的だ。畳み込みニューラルネットワークやバッチ正則化が何故上手くいくのか議論したり(答えは得られない)、とりあえず練習問題を解き始めたり。

そして、肝心の4次元積み木の方は改めて開発と実験計画に取り組む。今回、東京でやった予備予備実験のおかげで、新しく考えることがどんどん出てきて、面白くなってきたなぁ。


★☆★ 食事 ★☆★
仁川空港の『Pho Bay』にて。韓国には、歴史的な縁もあってか、ベトナム料理のお店がたくさんある。
【photo】

ご近所さんから、ベトナムのお菓子「バン・チョイ・ヌオク(bánh trôi nước)」を頂く。白玉や饅頭にも似ているようで、少し違う複雑な味。もち米やココナッツ、生姜などが使われているらしい。丁度よい甘さで、とてもおいしかった。
【photo】

week 79

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
韓国のお盆、秋夕(チュソク)の連休を利用して東京へ。直前にバタバタと開発をした実験用ソフトを共同研究者に見せて、ようやく「予備実験の予備実験」をやってみた。実験の内容は4次元空間の中でちょっとしたタスクをやってもらう、というもの。データを取って初めて分かることもたくさんあって、なかなか有意義な打ち合わせだった。

実験のあとは休暇を満喫し、数学者の友人と議論をしたり遊びに行ったり。渋谷の「VR Park Tokyo」にも行き、歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」を初めて体験出来た。これはVR空間を自分の足で歩いたり走ったり出来る画期的なデバイス。今回の体験は慌ただしかったけれど、時間があればじっくり楽しめそうだったなぁ。
【photo】

週末は久しぶりに小倉へ帰省。かねてより母にリクエストしていた瓦そばが食べられたので、大満足だった。(我が家では昔から年越し蕎麦が瓦そばなのだが、なかなか年末に帰れないため長いこと食べそびれていた。)

★☆★ 食事 ★☆★
韓国にいるとハンバーグへの恋しさが募る(合い挽き肉がないため)。そこで渋谷の『KUA`AINA』にて思いを遂げることに。癖になるおいしさ。
【photo】

渋谷『BARBACOA』でシュラスコ(ブラジルバーベキュー)の食べ放題。つい限界まで食べてしまうこと請け合いの素晴らしいお店だった。
【photo】

week 78

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
今週はセミナーに出たり、発表をしたり、研究報告書を書いたり。KIASの設立21周年式典などもあって、色々な人と交流出来たのが楽しかった。

またボードゲームカフェに行き、今回は「カタンの開拓者たち」をやってみる。昔、一度遊んだことがあったはずなのに、すっかりルールを忘れていて、アホな初期配置を選んで苦戦してしまった。しかし昔の印象通り、とても面白いボードゲームだった。近頃はボードゲームがあまりに楽しいので、友達とクラブを作ろうか、という話になっている。
【photo】

プログラミングの勉強会は、ここのところニューラルネットワークに関する数学の論文を解読する回になっていた。与えられた学習システムから、条件を満たすニューラルネットワークを再構築するという問題。人間の脳をニューラルネットワークで近似することなどに利用できそうな話だ。これはまだ勉強しているだけだけど、今の研究とも結び付きそうな雰囲気があっていろいろ楽しいなぁ。


★☆★ 食事 ★☆★
Nova Italiano』でディナー。回基でおいしいイタリアンが食べられる貴重なお店。前回の印象が良かったので再訪したが、今回も大満足だった。
【photo】

New Delhi』にも再訪。チキンカレーがベストだという持論を覆す旨さのほうれん草カレーだった。
【photo】

week 77

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
ワークショップに参加して、数学の話を聴く。しかし急きょスピーカーが来れなくなり、北朝鮮問題の影響を感じた(無関係かもしれないが)。同僚とも最近の米朝の緊張について話をすることがあるが、自分も含め総じて大きな心配はしていない様子。平和ボケと言われれば平和ボケかもしれない。いずれにせよ、研究集会は(少なくとも情報伝達の部分は)Skypeでも特に問題ない気がするな。むしろニコニコ動画のように非同期で出来ないものかな。

それから研究をしたり、講演の準備や練習をしたり。なかなか満足のいく英語講演は出来たためしがないのだが、練習あるのみだよなぁ。知り合いの講演動画を見て勉強させてもらう、など。


★☆★ 食事 ★☆★
Moo’s Kitchen』の回基支店に初めて行ってみる。簡易な韓国料理の定食が食べられる。なかなか良かった!
【photo】

評判を聞いて行ってみた行列の出来る定食屋『和楽味』は、食材が無くなり次第終了らしく前回は入れなかった。というわけで今回は、早い時間に並んでリベンジ。かなりまともな日本式のチキン南蛮定食が食べられて、大変満足だった。
【photo】

それからこの夏(?)の食べ納めピンスたち、笑。慶熙大前の『雪氷(ソルビン)』が潰れて、ピンスがちょっと遠のいてしまった。
【photo】

week 76

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
ソウルに戻ってしばらくは日本で購入した本を読みふける。KIASのセミナーやミーティングに出たり、導来圏の勉強を始めたりとインプット続きの一週間だった。

勉強会で、ニューラルネットワークに関わる数学の論文を読んでみたけれど、これがかなり面白かった。ニューラルネットワークという一現象を取ってみても、ちゃんと多変数複素解析のプロが没頭すれば多変数複素解析の美しい現象が立ち現れるようだ。人間至るところ数学あり、だよなぁ。

週末、ソウルに来た友人と明洞から南山韓屋村付近を散策。たまたま「ソウル無形文化祭り」というのをやっていて、餅つきや楽器の演奏を横目に、お酒の試飲が出来た。ここには遷都600年に埋められたタイムカプセルがあって、遷都1000年(西暦2394年)に開けるのだとか。普段はそこまで先のことはなかなか考えないけれど、このタイムカプセル広場に来ると、ついその遠い未来を想像してしまう。



★☆★ 食事 ★☆★
久しぶりに『蓬坪蕎麦』に。お気に入りのサイドメニューもまた注文。
【photo】

同じく定番の『New Delhi』に再訪。タンドリーチキンもおいしい。
【photo】

友人と一緒に明洞の『河東館』を再訪。今回はコムタンをスペシャルにしてみた(肉の種類が増える)。やっぱり旨い!
【photo】

韓国の焼肉と日本の焼肉は、別の料理という感じで、どちらもおいしい。しかし、今回行った明洞の『中一会館』は、スタイルは韓国流だが、どちらかというと日本人の口に合う感じの焼肉だった。実際、お客さんも日本人が何組かいた様子で、店員も日本語が話せる。肉もとてもおいしかったけれど、とくに冷麺には深い味わいがあって、思わずうなってしまった。ここはぜひまた食べに行きたい。
【photo】

week 75

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
東京にて研究の打ち合わせ。カメラのモジュライ空間を作ろうとしていたけれど、あまり性質の良くない空間が出て来て、行き詰ってしまった。この辺、勉強したい数学がいっぱいあるなぁ。

実験についてもロジックにミスがあって、改めて計画を練り直すことに。考えれば考えるほど、高次元には自明に出来るタスクか、ほとんど不可能なタスクばかりが転がっているように思えてくる。それでも、とりあえず自明なことから確かめて行く方針でリカバリーを図る。今回は機器にも不具合が出てしまい、結局、予備実験すら取れなかった。うーん、じれったいけど、次回また頑張ろう。

歌舞伎町にオープンしたバンダイナムコの『VR ZONE』に行ってみる。ここのVRアクティビティは、それぞれ没入感を高める工夫がなされていて個人的に楽しむVRヘッドセットとは体験の質がまるで違う。今回は、閉店ギリギリだったので「脱出病棟Ω(オメガ)」と「高所恐怖SHOW」の2つだけ試したが、とくに脱出病棟Ωの恐怖体験は面白かった。ゲーム中に友人とコミュニケーション出来るので、つい声が出てしまう。ホラー耐性のある方にはオススメのコンテンツだ。
【photo】



★☆★ 食事 ★☆★
キャットストリートの『けものフレンズCAFE』に行ってみる。注文したのはセルリアンソーダとジャパリまん。友人に指摘されるまで、メニューにあったカレーライスがけものフレンズとどう関係するのか分からないぐらいの「にわかっぷり」だったが、内装やグッズなどは見ていて面白かった。店員からもっと作品への愛を感じられれば、なお良かったなぁ(自分のことは棚に上げた発言)。
【photo】

その後、クラウドファンディングで会員を募集していた焼かない焼肉屋『29ON』の表参道店へ。従来の方法では予約出来ないところに特別感がある。鹿や猪など、普段はあまり口にしない動物の肉も出て来て、色々な味が楽しめる。とくに鴨肉が柔らかくて絶品だった(焼くと固くなるらしい)。希望すればお代わり肉も頂ける。でも終盤は、ついジャパリまんを食べたことを後悔しかけるほど超満腹に。
【photo】

打ち合わせの合間、駒場の『むぎ』でランチ。相変わらず混んではいるが、魚の定食がおいしい。日本にいるうちに食べておこうと思って、さんま定食を注文。女将さんが面白い人で、さんまちゃん、さんまちゃん、と呼ばれるので可笑しかった。
【photo】

ニクアザブ 六本木店』で、今度は焼く焼肉。相変わらずうまい。キャビアの乗った肉寿司は初めて食べたが、これがまた想像以上に調和していて最高だった。
【photo】

week 74

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
出張で名古屋に。平日は毎日研究打ち合わせで楽しく議論をして過ごした。高次元のカメラでは素朴な直感に反して意外とややこしいことも起きているようで、それを調べていくのが本当に面白い。

ただ、泊まったホテルは、食事は美味しかったがネットに繋がらず一週間苦労してしまった。名古屋に泊まるなら池下などではなく、順当に栄などに泊まる方が良いのかもしれない(教訓)。

週末は東京に移動して、もう一件打ち合わせ。こちらでも高次元のカメラで起きている変なことを確かめるために、簡単な場合に計算しようとしてみたり。というわけで、高次元のカメラにどっぷりの一週間だった。


★☆★ 食事 ★☆★
タイミング良く名古屋に来ていた友人を交えて『須川屋』へ。個室でゆったり飲めてとても良いお店だった。締めには『はなび』で元祖台湾まぜそば。すでに満腹だったけれど「まぜそばは追い飯かましてなんぼ」らしいので、追い飯まで完食。うん、食べ過ぎて苦しいけど旨かった!
【photo】

プチ懐石が食べられる本山の『創意和食 野むら』でハンバーグ膳。韓国では柔らかいハンバーグには出会わない(そもそも合い挽き肉が売っていない!)ので、久しぶりにハンバーグらしいハンバーグを食べたような気がして大満足だった。
【photo】

名古屋大学近くの中華『香蘭楼』にて友人激押しの魚料理などを頂く。たまたま誰もインターネットに繋がっていなかったので、色相環をどう定義するべきかについて大いに議論が盛り上がったにも関わらず、知見を得られずに終わってしまった。後になって思い出したので使われている幾つかの定義を確認することが出来たが、やはりスマホを携帯することは重要だな、と実感した。(色空間を使うらしい。)
【photo】