近況報告: week 19

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 8月8日(月) ★☆★
昨夜は、遅くにタクシーで帰った。その際、僕が三万ウォン(삼만원)と四万ウォン(사만원)を聞き分けられなかったことやウォンを持っていなかったこと、タクシーの運転手がメーターを使わずズルをしようとしたことなどが重なって、若干トラブってしまった。結果、日本円三千円を払うという訳の分からない折衷案(?)で合意。ちょっと可哀想なことをしてしまった。

到着後も、手荷物で運んだOculus Riftの動作確認などをしていたら、夜更かしをしてしまう。なので、今日はかなり遅めに出勤して、執筆をして過ごした。


★☆★ 8月9日(火) ★☆★
今日も一日、執筆に精を出す。一応、数学の方も日本に帰って議論した成果があったので、それをノートにまとめるなど。

夜は、初めて行く韓国料理のお店に(店名を記録しそびれた)。なかなか良かったので、今度もう一度行ってみよう。
【photo】
week19-1


★☆★ 8月10日(水) ★☆★
今日は、サイエンスアゴラに向けた諸々の準備に取り掛かる。Slack, GitHub, Unity, C#など、慣れないツールや言語をどんどん導入するのは楽しいが、まだ使いこなせていない。

まず最初にやろうとした、Oculus Riftにデスクトップ画面を映す、ということすらまだ出来ていないのだが、それも一旦保留することにして、Unityに専念することにする。


★☆★ 8月11日(木) ★☆★
今日もUnityを弄っていて、ようやくメンバーが作ってくれたコードの中身をある程度理解出来るようになった。

昨日から寝食を忘れてやっていたら効率が落ちてきたので、ジムで運動をして軽く汗を流した後、一旦寮に戻って寝る。


★☆★ 8月12日(金) ★☆★
昨日に引き続き、Unityの4次元立方体のソースコードを読みながら色々と弄ってみる。

夜は、ビジターの友人を案内して『Black Stone』でサムギョプサル。なぜか牛肉のメニューが全部無くなっていて残念だった。その後、ワッフルを食べたり、慶熙大学のキャンパスを散歩したり。
【photo】
wekk19-2


★☆★ 8月13日(土) ★☆★
ビジターの友人を連れて、お昼は『豊川ウナギ』に。ウナギを初めて頼んでみたが、コチュジャンをつけてサンチュに包んで食べるという韓国流が、なかなか面白かった。そしてそれが意外に美味しい。
【photo】
wekk19-3

夜は、「4次元積み木」のミーティングにSkypeで参加。


★☆★ 8月14日(日) ★☆★
お昼は、『BULLANSUE』でサムギョプサルの食べ放題。びっくりするほどのコスパで、味も十分美味しかった。
【photo】
wekk19-4

その後は、主に数学の議論をして過ごす。結果になりそうで、今一歩足りない。

夜は、『アバウトしゃぶ&鉄板焼き』に。初めて研究費で皆の食事代を持つという韓国流を試してみたけど、筋違いの感謝をされるのは正直性に合わないな。韓国の納税者の皆には頭が上がらない。きっといつかフィードバックしよう。
【photo】
wekk19-5


【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 18

【今週の目次】
1. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 8月1日(月) ★☆★
休暇なので、東京の自宅で執筆をして過ごす。

夕食は、『太陽のトマト麺』で太陽の茄子ラーメン。ここは食べログのスマートフォンアプリを利用したてだった頃、唯一気まぐれに短いレビュー(「クセになる旨さ」)を書いてみたことのある、大塚でお気に入りのお店の一つ。お酢をもらって、らぁリゾを食べるとやっぱり旨い。
【photo】
week18-1


★☆★ 8月2日(火) ★☆★
今日は本を読んだり、執筆をしたり。STEMウォッチで紹介したゲーム「Foldit」をちょこっとだけプレイしてみたが、なかなか難しかった。


★☆★ 8月3日(水) ★☆★
お昼に初めて行った池袋のイタリアンレストラン『BARDI』がかなり良かった。ランチメニューから選んだパスタ料理はグリーチャ。サラダの時点で美味しかったが、生パスタの味付けと塩加減が絶妙でハッとなる。フォカッチャも旨い。そしてデザートのカタラーナと、ラバッツァのコーヒーとのハーモニーが最高で、思わず唸ってしまった。
【photo】
week18-2

午後は、駒場で数学の打ち合わせ。これまでの研究の延長で、素直に進められそうなテーマを2つ用意して行ったが、議論してみると、どちらもそれなりに意味がありそうな展開になった。短い時間だったけど、生産的で楽しかったな。

夜、高田馬場駅にて、友人と考えた「スナップ・スナッフ」という少し変わった趣向の待ち合わせをやってみる。お互い見つからないように相手を探し、先に暗殺(=写真を撮影)されて写真をLINEに流された方の負け。

この遊びをガチでやろうと思い、わざわざ髪まで染めて、バッチリ変装しようだなんて計画していたのだけど、結局中途半端だった上に、20分弱であっさり殺されてしまった(左の影)。悔しいからまたやりたい。
【photo】
week18-7

その後、『ピカソ高田馬場店』に。このお店の、パルミジャーノのリゾットは格別!
【photo】
week18-3

それから、池袋までポケモンGOをやりながら散歩。Ingressの時も思ったけど、やはり深夜に思いもよらない面白いポケストップ/Portalと出会った時の、ぞっとするような、得も言われぬ感動は、位置ゲーの醍醐味だよなぁ。


★☆★ 8月4日(木) ★☆★
今日は朝早くから一日駒場で打ち合わせ。昨日の打ち合わせで見つけた例がなかなか面白そうだったので、主にそれが話題になる。

夜は、たまたま駒場に集まっていた数学者の友人たちと、『たもいやんせ』に。
【photo】
week18-4


★☆★ 8月5日(金) ★☆★
今日も一日、打ち合わせ。昨日までの議論にはちょっと手詰まり感があったので、別の例を議論するも、こちらも手詰まり。うーん。でも、これぐらいのペースが普通なのかもしれない。

昼は、久しぶりに池ノ上のカレー屋『ゴッホ』に。駒場からは遠いので結構歩くのだけど、十分にその価値のある美味しさだと思う。ただ、今日は店長、何だか元気がなかったな。
【photo】
week18-5

夜は、新宿の中華『川香苑2号店』で激辛メニューを食べる。
【photo】
week18-6

その後、昔よく遊びに行っていた『なぞともカフェ』に寄って、零狐春の「BOX X」に挑戦。期待していたため、脱出直後はあんまりだったかなという印象だったのだけど、後になって振り返ると、コンセプトが一貫していて、なかなか綺麗な謎だったことに気が付いた。さすがだ。


★☆★ 8月6日(土) ★☆★
今日も朝から打ち合わせ。といってもたまたま持ち合わせていたOculus Riftを皆に体験してもらったら、ほとんどそれで時間が過ぎてしまった。

そして夕方から、渋谷の『Connecting The Dots』の会議室にて、サイエンスアゴラ企画に向けたキックオフ・ミーティングを開催。先週末に決まったばかりの急な開催だったのに、13人ものメンバーが集まってくれた。

そして優秀な技術者達の手にかかれば、この短いミーティングの合間でも、回転する4次元超立方体の投影像をOculus Riftで覗けるようになるらしい!!代わる代わるOculus Riftを覗き込み、大いに盛り上がった後、全員で打ち上げに。本当に素晴らしい体験だった。


★☆★ 8月7日(日) ★☆★
今日は韓国に戻る日だが、遠方から訪ねて来てくれた高校教師の先輩を囲んで雑談。

羽田から飛行機で夜景を見ながら飛び立つ時、昨日のミーティングでの幾つかの瞬間を思いながら気持ちが高揚していた。高次元にVRでアクセスすることの意義も、実現性もはっきりしない中、リスクを承知で集まってくれたメンバー一人一人の顔を思い返すと、心を打たれる。色々なしがらみもあるが、今は、このメンバーでワクワク出来ることに全霊を注ごう!


【今週の目次】
1. 近況報告

シリアスゲームと科学研究

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

1. STEMウォッチ
私が注目する「科学、技術、工学、数学」の情報を、隔週で紹介するコーナーです。

第4回 「シリアスゲームと科学研究」

2008年、ワシントン大学から「Foldit」というオンラインゲームが公開されて、話題となった。このゲームでは、コンピュータによるランダムな探索だと時間のかかる、タンパク質の立体構造を予測する問題を、誰にでも挑戦できるパズルとして出題している。

Folditのチュートリアル・パズルでは、水素結合の多い方がスコアが出る、などといったゲームのコツを学ぶ。そして訓練を積んだプレイヤー達は、競争して、また互いに協力しながら、実際の科学の問題である、タンパク質の構造予測や設計に携わることになる。このような、現実にある課題の解決を目的としたコンピュータゲームを「シリアスゲーム」と呼ぶ。

【Folditのスクリーンショット】
foldit

現実世界のある種の課題は、ヴァーチャル世界にシミュレートすることによって、訓練・解決に要するコストを低減出来るだろう、というのがシリアスゲームの立脚するアイデアである。

このアイデアが適用できる課題の種類は実に豊富で、特にここ数年は、教育・学習やトレーニング、健康・医療といった生活に密着する分野でのシリアスゲームが、急速に身近なものになった。今後、2020年までにシリアスゲームの市場規模は倍増するとの予測もある。

Folditの成功は、シリアスゲームが教育・学習に留まらず、科学研究そのものへも貢献出来ることを示している。今はまだ、研究分野のシリアスゲームはプレイヤー達自身にとってのメリットが小さく、通常のゲームに競り負けてしまう印象があるが、今後この状況が変わり、研究に欠かせないツールとして使われるようになれば、実に面白いと思う。

【参考サイト】
Folditについては公式サイト(英語)でゲームをダウンロード出来る。このページには、科学的な背景の説明や、出版論文のリストも置かれている。そのうち、Natureなどに掲載された幾つかの論文では、Foldit playersが共著者に加えられている。

本記事ではシリアスゲームとゲーミフィケーションの区別には拘らなかった。脳トレやフィットネスアプリもシリアスゲームの一種と捉えて参考にした。シリアスゲームの市場予測についてはMarketsandMarketsの調査報告書(英語)のサマリーなどがある。

 

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 17

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

2. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 7月25日(月) ★☆★
今日も一日、論文のチェックと修正をしていた。

そして夜は、Skypeで打ち合わせ。今日の打ち合わせは長丁場だったけれど、ようやく論文を公表出来そうな感じで、まあ良かった。


★☆★ 7月26日(火) ★☆★
今日も、論文の細かい修正を重ねる。

夕食は、『ボンジュッ』で、かぼちゃ粥。ここはジュッ(お粥)専門のチェーン店だけど、メニューが沢山あって面白いのでまた行こうと思う。
【photo】
week17-1

寮に戻ると、PC(surface)の電源アダプタが断線して使えなくなってしまっていた。実は、以前にも電源アダプタだけが故障して購入し直したことがある。surfaceの電源アダプタは接続部分に負荷が集中しやすい形状になっていて、あまり良くないんだよな。

それで少しバタバタしたけれど、夜はまたSkypeで打ち合わせ。その後、最後に少しだけ証明の一部に説明を加えて、深夜に論文をarXivに投稿した。


★☆★ 7月27日(水) ★☆★
昼過ぎから、もう一本の論文の最終チェック。

そして、夜はまたSkypeで打ち合わせ。細かい修正をした後、こちらもarXivに投稿した。

ちなみに昨日投稿して、今日公開されたのは以下の論文。
Daisuke Inoue, Atsushi Ito, Makoto Miura,
“Complete intersection Calabi–Yau manifolds with respect to homogeneous vector bundles on Grassmannians”
arXiv: 1607.07821


★☆★ 7月28日(木) ★☆★
今日は、のんびり本を読んだり、執筆をして過ごす。

同僚が歯痛で辛い物を食べられないので、さっそく『ボンジュッ』に再訪。今日食べたのは、きのこ粥。一昨日も思ったけど、ここのメニューは1人分に見えて結構量が多い。なので、複数人でシェアするのが良いかもしれない。
【photo】
week17-2

そして、前の論文を引用したので1日ずれたけど、以下の論文も今日公開された。
Daisuke Inoue, Atsushi Ito, Makoto Miura
“I-functions of Calabi–Yau 3-folds in Grassmannians”
arxiv: 1607.08137


★☆★ 7月29日(金) ★☆★
朝早くに寮を出て、金浦から羽田へ。今回は何のトラブルも無かった。

東京の自宅に届いていたOculus Riftを初めて手にする。こういうワクワク感は大事にしたいなぁ。インストール作業の後、少し買い物をしたり、美容院に行ったり。

夜は、久しぶりに大塚の「カッチャルバッチャル」に。タンドリーチキンが美味しすぎて感動するレベル。
【photo】
week17-3


★☆★ 7月30日(土) ★☆★
昼、大塚の「洋食GOTOO」で生姜焼き定食。このメニューは洋食と言うより日本食だよな。
【photo】
week17-4

午後は、サイエンスアゴラの企画説明会に参加。それから、カフェに移動して打ち合わせ。なかなか楽しかった。

夜、Oculus Riftに同梱されていた、Playful Corp. 開発のゲーム「Lucky’s Tale」をプレイしてみたが、任天堂リスペクトの非常に完成度の高いゲームで、しばらくハマってしまう。VRゲーム、本当にすごいな!


★☆★ 7月31日(日) ★☆★
ポケットwifiが届いたので、ようやくまともに「ポケモンGO」で遊べるようになった。ARゲームもまた、Oculus Riftとは違った良さがある。無事レベル5に到達したので、友人から勧誘されていたチーム赤を選択。といっても日本にいる間しかプレイ出来ないのだが。

そして、護国寺ジョナサンで少し執筆作業。

夜は、学部時代の友人で集まって池袋「ino」へ。文章ではうまく説明出来ないけど、独特の掛け合いが懐かしくて本当に楽しかった。みんな変わらないなぁ。
【photo】
week17-5


【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 16

【今週の目次】
1. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 7月18日(月) ★☆★
昼頃から、読みかけて放置していたVRの教科書を読み直していたら、またハマってしまう。やっぱりVRはワクワクするな。

その後、VRネタでSTEMウォッチを書こうと思って論文を漁って夜更かしをする。


★☆★ 7月19日(火) ★☆★
やっぱりVR関係はもっと調べたいので、STEMウォッチで扱うのは少し先とすることに。そこで、急きょニューロン新生について調べた。記憶術はめちゃくちゃ面白いのだけど、科学としてどの程度調べられているかが、どうもよく分からなかった。

今回は踏み込めなかったけど、神経科学はVRとも関係するので、僕にとっては長期的なテーマになりそう。今だったら、大学に入学した当時はあまり興味の無かった生命科学基礎なんかもかなり楽しめるだろうなぁ。


★☆★ 7月20日(水) ★☆★
昼食で、また『Pho36st』に。このお店も定番になってきたけど、どのメニューも安定していて好感が持てる。
【photo】
week16-1

午後は、久しぶりに落ち着いて創造的な活動が出来た。紅茶を入れて、計算したり執筆したり。何にも代えがたい時間。

夜、『アルチュ』に行ってみる。ただの焼き肉じゃなくて、海鮮がメインのお店。うん、ここもなかなか良い感じ。
【photo】
week16_2

夜中に、ハードフォークしたイーサリアムが大体うまく移行したらしいとのニュースが。これは技術だけじゃなくて、ちゃんと大勢の心を掴んでいないと出来ないことだった。すごいな。


★☆★ 7月21日(木) ★☆★
午前中、友人に貸していたワインバーグの「科学の発見」を読み返していた。昨夜も議論していたのだけど、惑星の楕円軌道を看破したケプラーと、金星の満ち欠けや木星の衛星を発見したガリレオが、偶然同時期に登場したとはどうも思えない。

ひょっとすると当時の技術の発達は、観測や実験ばかりでなく、理論の進歩にも何か大きく影響を与えたのかもしれない。そう考えると、ケプラーという人の人生に俄然興味が湧いてきたなぁ。いずれまた調べてみよう。

午後は、幾つかの論文の修正や投稿作業に取り組む。修正の方はラストスパートに入っているが、あともう少し時間がかかりそう。

夕方、注文していたPCが届く。今回、KIASの研究費で性能の良いPCを買わせてもらったので、性能面をフル活用して面白い研究がしたい。


★☆★ 7月22日(金) ★☆★
今日は一日、論文の修正とチェック。

日本ではポケモンGoが配信されて随分盛り上がっていた。僕の場合、仮想世界側にシフトしていく未来をいつも想像しているので、ARゲームには大いに興味がある。なのに、どうやら韓国ではプレイできないようだ。ああ、残念すぎる。

夜はSkypeで打ち合わせ。


★☆★ 7月23日(土) ★☆★
ラストスパートということで、今日も一日論文に取り組む。

夕食は『山海開』で牛チャプチェご飯。このお店もなかなか手堅い良店だ。
【photo】
week16-3

★☆★ 7月24日(日) ★☆★
結局、今日もどこにも行かず論文に取り組む。まあ来週末は帰国するので、それを楽しみにしよう。

夜は、『キム先生』でプルコギ・キムパッ(焼肉海苔巻き)。美味しいけど、海苔巻きには醤油が欲しくなるというのは、日本の食の常識に囚われているのかもしれない。
【photo】
week16-4


【今週の目次】
1. 近況報告

ニューロンの新生と記憶

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

1. STEMウォッチ
私が注目する「科学、技術、工学、数学」の情報を、隔週で紹介するコーナーです。

第3回 「ニューロンの新生と記憶」
「脳の神経細胞(ニューロン)は、大人になると新たに生まれることはない」という考えは長らく定説だった。しかし、実際には1960年代に成体ラットの脳においてニューロンの新生が生じていることが突き止められており、その知見が90年代後半になるまで広まらなかったことは、不運な成り行きであった。

今では、ヒトを含む哺乳類の脳の特定の部位(海馬など)において、生涯にわたってニューロンの新生が続いていることが知られている。また、海馬の新生ニューロンの機能についても、記憶の形成や抗うつ作用を担っていることを示す数多くの研究がなされてきた。

自発的な運動習慣やストレスのない生活が、海馬におけるニューロンの新生を促進させ、シナプスの可塑性を高めるということも、マウスの実験から知られている。

【photo】
Exercise

記憶における海馬の役割は膨大な知見と謎に満ちていて、今なお精力的に調べられているようだ。記憶アスリート達が用いる記憶術「記憶の宮殿」などでは、こういった海馬を働きを上手く利用しているように見える。彼らの洗練された経験的技術が、今後どのように科学の研究と結びつくのか、なかなか楽しみである。

【参考サイト】
脳におけるニューロン新生を初めて突き止めたアルトマン博士の仕事についてなど、各所に分かりやすい説明があるが、日本神経科学学会の「脳科学辞典」は素晴らしい。自発的な運動習慣がニューロン新生を促すことを示した実験についての論文(英語)は眺めるだけでも楽しめた。

記憶術に関しては、ジョシュア・フォア氏の「ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由」という本がタイトルを裏切る濃密な面白さなので、お薦めである。

 

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 15

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

2. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 7月11日(月) ★☆★
今日は半日ほど、本を読んで過ごす。

夜、「シェフィ」という1人用カードゲームを薦められたので、アプリをダウンロードしてやってみた。マイナスの効果を持つカードを避けながら、とにかく羊の数を増やしていくというゲーム。1人用ゲームでこの面白さはすごいな、と思った。

ひとしきり遊んだ後、ジムで1時間運動して帰宅。


★☆★ 7月12日(火) ★☆★
昨日に引き続き、一日、本を読んだり、好きなことを調べたり、Pythonでちょっとしたプログラムを組んでみたり。

夜は、『カントン家』でサムギョプサル。このお店はまあまあという感じ。
【photo】
wwek15-1


★☆★ 7月13日(水) ★☆★
新しいアイデアを思いついた気がしたので、執筆したり、計算したり。でも結果は大したものじゃなさそうだ。その後、宿題の論文修正に向かう。

夕食は中華定食屋の『永華荘』に再訪。
【photo】
week15-2


★☆★ 7月14日(木) ★☆★
一日机に向かって、論文の修正をちまちま進める。

コンビニのお菓子コーナーに、高麗人参ゼリーなるものが売っていて何だか面白かったので買ってみた。まあ、味も効果も何とも言えない微妙な感じだったけど。
【photo】
week15-3


★☆★ 7月15日(金) ★☆★
今日もまた論文のため机にかじりついていた。夜更かしをして朝方、共有フォルダを更新。


★☆★ 7月16日(土) ★☆★
昼過ぎまで寝ていたら、寮監に部屋を何度もノックされて叩き起こされる。実は今までにも何度かあったが、今日は月に2回の消毒デーらしい。消毒しすぎ。

雨がひどかったのでオフィスにも行かず、寮で論文を弄っていた。

そして夜は、Skypeで打ち合わせ。


★☆★ 7月17日(日) ★☆★
また論文を書いたり、本を読んだり。昼間は出かけたかったが睡魔に負けてしまった。

夜、ジムでまた1時間運動。レッグプレスマシンの使い方が分かって嬉しかった。


【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 14

【今週の目次】
1. 近況報告

1. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 7月4日(月) ★☆★
今日は調べ物をしたり、執筆をしたりして過ごす。イーサリアムの仕組みは最高に面白いんだけど、将来の姿を想像するのは難しいなぁ。やっぱり実際にこの仕組みを使って何かやってみないと、完全に分かった気にはならないんだろう。きっと面白いことが出来るはずだけど、まだ何も思いつかない。

夜、LINEで友人の相談を受けたので、長電話をして色々と話す。「顕微鏡パックマン」の話題で大いに盛り上がった。研究とアートの境界っていうのも熱いな。


★☆★ 7月5日(火) ★☆★
今日は専らブロックチェーン関係の論文を読んだり、執筆をしたり。知らない分野の文献にどっぷりと浸かるのは楽しい。今回も時間ぎりぎりまで粘ってしまった。


★☆★ 7月6日(水) ★☆★
昼頃、『the 先進国』でスユククッパ。カルビタンに近い薄味で、なかなか美味しかった。
【photo】
week14-1

そのあとオフィスに行き、気になっていた計算をしたり、論文に取り組んだり。

夜、元気が無さそうな友人とSkypeでチャットをしていたら、色々議論になって、何だか余計に傷つけてしまった気がした。振り返ってしばらく考えていたが、自分の中にある偏見に気が付くことが出来たので、ありがたかった。


★☆★ 7月7日(木) ★☆★
今日はバージョン管理システムgitを導入して、共同研究の計算と論文の直し。導入はしてみたものの、gitの良さはまだ実感出来てないな。

夜は『寿司ヘナル』でカップル寿司。確かにカップル感のあるメニュー。
【photo】
week14-2

それから久しぶりに、ジムで運動をする。楽しくなって2時間ほど色々やっていた。


★☆★ 7月8日(金) ★☆★
昼過ぎに起きてオフィスへ。今日は、ルピシアのウバ・ハイランズ・クオリティを入れてみた。ミルクを切らせていたけど、ミルクティにすると合いそうな感じだな。

夜は、『モリ』でとんこつラーメン。素朴なラーメンだった。
【photo】
week14-3


★☆★ 7月9日(土) ★☆★
友人から新しくなった某有名ソシャゲ(モンスト)を勧められたので、久しぶりにプレイしてみた。初めに引くモンスターが肝心らしく、当たりが出るまでリセットを繰り返すというリセットマラソン(リセマラ)をやるのだとか。ひどい話だ。

せっかくなので、これも勧められていた「なろう系」のアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」(リゼロ)を観ながらやっていた。リゼロの恐怖感に当事者意識が加わる感じがして、このチョイスはなかなか愉快だった。

モンストのすごいところは、話しながらでも、テレビを見ながらでも、少し無理をすれば勉強をしながらでも、遊べちゃうという気軽さだよなぁ。なのに、膨大にあるモンスターやクエストには意匠が凝らされていて、コミュニケーションの種に溢れている。うーん、すごい。

ちなみにリセマラの結果。全然分からないけど、すごく羨ましがられた、笑。
【photo】
week14-4


★☆★ 7月10日(日) ★☆★
今日は一日、論文の修正をしていた。図を描くのが楽しくてハマっていたら、あっという間に時間が過ぎてしまう。

夜は、Skypeで一件打ち合わせ。


【今週の目次】
1. 近況報告

DAOと暗号技術

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

1. STEMウォッチ
私が注目する「科学、技術、工学、数学」の情報を、隔週で紹介するコーナーです。

第2回 「DAOと暗号技術」

先日、The DAOというイーサリアム・ネットワーク上の新規プロジェクトに対し、プログラムのバグを突いた攻撃が仕掛けられ、巨額の暗号通貨ETHが転送されてしまうという事件があり、ニュースになった。The DAOは今年の5月にクラウドファンディング史上最高額の資金調達を達成したばかりで、幸先の良いスタートを切った矢先の衝撃である。

今回の事件を分かりやすく例えるなら、注目を集めるベンチャー企業が現金の管理を誤って大金を盗まれてしまった、というニュアンスになるかもしれない。しかし、The DAOは企業ではないし、盗まれた物も現金ではない。その上、そもそもこれが「盗み」なのかどうかも意見が分かれるのではないだろうか。難解な事件だ。

近年、これまで人や組織に預けて来た信用を、暗号などの技術や数学に対する信用によって置き換えようという動きが活発になっている。その象徴は、ビットコインをはじめとする暗号通貨の登場だろう。この動きを牽引する技術者達の野心的な試みは今や、通貨に飽き足らず、「DAO」を目指して動き始めている。

DAOとは分散型の自動化組織(Destributed Autonomous Organization)のことで、名前の通り、「中央」の存在しない完全なる分権型の組織を表す新しい言葉である。既に特定の分野では、「法の支配」を自動化することでDAOを実現することが可能になっている。ビットコインやイーサリアム、そしてThe DAOなどのプロジェクトも、一般名詞であるDAOの一種であると言えるだろう。

【DAOの概念図】
DAO_concept

こうした試みの中核には、公開鍵暗号やハッシュ関数などの暗号技術が用いられている。しかし、その安全性を保証しうる数学上の予想(「P≠NP予想」)はまだ解かれていない。つまり今のところは、「数多くの天才達が反例を探しても見つかっていないという事実」が、実用上の安全性を担保している状況である。

【参考サイト】
暗号通貨の中核技術であるブロックチェーンについては、各所に優れた日本語の解説ページがある。歴史的背景や技術的詳細については、英語の原論文を眺めると専門外ながらなかなか楽しめた。(著者が正体不明のビットコインの論文(pdf)、Yellow Paperと称しているイーサリアムの論文(pdf)。)

DAOの概念図は、大石哲之さんの分かりやすいアゴラの記事を参考にした。この記事におけるプロトコルと自然法則との対比が面白い。DAOについては他にも色々面白い日本語の解説記事がある。また、The DAOで最初に提案されたプロジェクトSlock.itの紹介動画(日本語字幕付き)にはワクワクせざるを得ない。

今回の事件について説明するイーサリアム・プロジェクトVitalik Buterin氏のブログ記事(英語)では、本当に可能なのか?と思うような過激な解決策が提案されている。一方、攻撃したハッカー側からThe DAOとイーサリアムのコミュニティに向けた挑戦状とも取れる公開書簡(英語)もあって、そのふてぶてしさには不謹慎かもしれないが笑ってしまう。この事件はまだまだ進行中なので今後の展開から目が離せない。

公開鍵暗号やブロックチェーンに使われているハッシュ関数(ビットコインの場合はSHA-256)については、アルゴリズムを説明する日本語のサイトが各所にある。P≠NP予想はクレイ数学研究所によってミレニアム懸賞問題にかけられている。その公式ページ(英語)にはレクチャー動画があったりする。

 

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

近況報告: week 13

【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告

2. 近況報告
最近の活動をお伝えします。

★☆★ 6月27日(月) ★☆★
朝から本を読んだり、執筆をしたりして過ごす。

夜は、チャイナドレスのマネキンが出迎えてくれる『龍城』でジャージャー飯。韓国に来て2回食べたジャージャー麺の甘いジャージャーソースはイマイチに思えたのだけど、今日食べたのは美味しかった。卵の存在がポイントかもしれない。
【photo】
week13-1


★☆★ 6月28日(火) ★☆★
朝から時間をとって、視覚のレンダリングについて考える。少し気合いを入れて計算するだけの問題なのだが、時間がかかってしまう。

夜は、チメッ(チキンとビール)に行く(店名を記録しそびれた)。韓国でこの組み合わせは定番らしく、夏は冷たいビールを飲みに人が集まり、とても混むらしい。
【photo】
week13-2


★☆★ 6月29日(水) ★☆★
今朝は、フランス土産に頂いたKUSMI TEA DETOXを入れて、本を読んで過ごす。すっきりと飲みやすいので気分が良い。何を飲むかはとても重要だなぁ。
【photo】
week13-3

テンションが上がったので、またレンダリングの計算したり、3次元の場合を調べたり。


★☆★ 6月30日(木) ★☆★
今朝は論文の直しに取り組む。そして午後はまた読書。積ん読がたまってる。

夕食は、『ウォンジョ・タッカンマリ』にタッカンマリ(鶏の水炊き)を食べに行く。鍋の中身を食べた後、カルグクス(韓国式うどん)、ポックンパ(焼き飯)も。物理の話も聞けてなかなか楽しかった。
【photo】
week13-4


★☆★ 7月1日(金) ★☆★
今日も一日レンダリングについて調べたり、計算したり。

雨がひどいな、と思っていたら、オフィスで水漏れがあって大変だった。トイレも天井が落ちて水浸しになっていたし、階段にも雨漏りでバシャバシャ水が降っている。その他にもこの建物については、おいおい大丈夫かよ、と思うような危ない噂が色々と聞こえてくる。地震が起こったらきっと死ぬだろうな。


★☆★ 7月2日(土) ★☆★
今日は一日論文の直しに取り組む。

夜は、Skypeで打ち合わせ。僕が詰まって放置していた不等式の証明を、代わりにあっさり証明してくれた共同研究者には、相変わらず頭が下がる。長引いている仕事を早く終わらせたいので、来週は僕も論文に集中しよう。


★☆★ 7月3日(日) ★☆★
面白い夢を見たので、朝からそのアイデアを星新一風のショートショートに仕立てて、創作に理解のある友人に送ってみる。いつか機会があったら修正して晒そうかな。ほんの少しだけど、久しぶりに創作して楽しかった。

午後は、本を読んだり、執筆をして過ごす。


【今週の目次】
1. STEMウォッチ 2. 近況報告