week 131

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
COEXで開かれた韓国&ドイツ数学会の合同会議。いろいろと苦労して準備した甲斐があって楽しく発表できたので良かった。
【photo】
week131-1

とくに今回の発表で使ったわけではないのだけど、スタンフォードバニーを4次元空間で裏返すアニメーションを計算したので、せっかくなので貼っておく(解説なし)。
【movie】

★☆★ 食事 ★☆★
久々に買い物に訪れた清凉里で、チーズタッカルビ専門店の『ホンチュンチョン』に立ち寄る。韓国料理のチーズの味はどちらかと言うと残念に感じることが多いのだけど、ここのチーズタッカルビは問題なし。量があって、ポックンパまでは食べられなかった。
【photo】
week131-2

week 130

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
講演準備をしながら、スタンフォードバニーをぐにゃぐにゃ変形したり射影したりして遊んでいた。ちょっと調べるとみんながこのバニーを割ったり溶かしたり燃やしたりしていて面白い。

最近オフィスで一人のときはBluetoothスピーカーを使っているが、今さらながらこれが便利だ。何となくBluetoothは遅いというイメージがあったけれど、まるでそんなことはなく高音質でも十分安定している。

★☆★ 食事 ★☆★
久しぶりに『チョウ村』で焼肉。醤油ベースのソースに漬け込んだという牛肉とそうじゃない牛肉を食べ比べたが、結局コチュジャンなどの濃い目のソースに漬けるので別にどちらでもよいという感じがした、笑。
【photo】
week130-1

week 129

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
職場では22周年記念式典など節目の行事を終えて、秋夕(チュソク)の連休に入る。研究者も帰省したり旅行に行ったりで、多くは出払っているようだ。

しばらく取り組んでいた原稿が一段落したことで、いろいろと再始動できそうな状況になった。久々にのんびりとした休みの日に音楽を聴きながら、レビューを依頼された本を読むのが実に楽しい作業だった。うーん、いつかこんな本を書いてみたいものだ。

指数関数的にニンジンを集めるボードゲーム、バニーキングダムを何度かプレイ。カードをドラフトするゲームなので、2人プレイだと相手のカードをすっかり把握できてしまう上、回ってくるカードに全然ドキドキできないという問題があるのだが、これが特殊ルールでうまく解決されていて、2人でも十分楽しめるゲームだと分かった。勝者は長耳(ビッグイヤー)の称号を受ける。

★☆★ 食事 ★☆★
最近は保守的で新しいお店に挑戦できていない。今週伝えられるのは『雪氷(ソルビン)』の新商品、苺マカロンが久々の当たりだった、というぐらい。おいしいんだよね。
【photo】
week129-1

week 128

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
だいたいデスクに向かっていたので、TikZの描画は便利だなとか、そういう話題で尽きる一週間だった。

そこで何となく9.11の当時を振り返ってみる。そのころ高校生だった自分は寮で生活をしていて、夕方からは「学習時間」といってテレビも携帯も禁止されているような思えばストイックな環境に身を置いていた。

しかし、この日航空機の衝突映像が届いてから急きょテレビが解禁になり、むしろ中継を見るように促された記憶がある。そんなことは6年間の寮生活においてもこの日だけだった。

誰と何を話したのかは覚えていないけど、その後なぜかビン・ラディンを歌詞に加えたヒップホップを友人達と一緒に猛練習していたという、ふざけた思い出。かつては不謹慎さが粋だった、のかもしれない。

★☆★ 食事 ★☆★
蓬坪蕎麦』ではじめてスンドゥブを注文。看板の麺類ほどの安定感はないけれど、麺に飽きたときには頼んでみるのも良いと思う。
【photo】
week128-1

week 127

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
北海道が震災に見舞われたことで、出張の予定がキャンセルに。自分にとってはそれぐらいの影響で済んだが、被災地の皆さんは本当に大変そうだ。日本にとっては災害ばかりで厳しい夏になったね、と口々に励ましの声をかけられる。皆さんどうかご無事で。

仕事では多少ありがたいニュースもあったが、原稿1つが終わっていないためどうも落ち着かない。ついつい開き直って新しい計算をしてしまうのだが、いい加減片付けたいところ。

★☆★ 食事 ★☆★
梨泰院(イテウォン)にあるヨルダン料理の『PETRA』は素晴らしかった。ぜひ今度はケバブを食べに再訪したい。
【photo】
week127-1

week 126

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
数学者のビジターが来ていたのでセミナーを開いたら、大変盛況だったのでありがたかった。直接研究につながるかは分からないけれど、適度に離れた分野の話を聞くのはいつも愉快なものだ。

それで週末は、ソウルから少し離れた楊平(ヤンピョン)の大明リゾートまで行ったのだけど、花や動物など、自然がいっぱいでなかなか雰囲気の良い場所だった。家族連れも多く、子どもたちの多くが昼間は噴水で水浴びをして遊び、夜は光るスピンフォールを飛ばして遊ぶという感じで、楽しそうにはしゃいでいた。
【photo】
week126-1

★☆★ 食事 ★☆★
大明リゾートの広場でバーベキュー。暑さが和らいで、外で食べるにはちょうどいい気候だった。プルコギはおいしかったな。
【photo】
week126-2

week 125

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
オフィスに籠って原稿に向かう。執筆はなかなか計画通りに行かないけれど少しずつ進める。

というわけで引きこもっていたため、アジア大会が盛り上がっていることにも気づいていなかった。韓国にはチキン+メクチュ(ビール)で「チメク」と呼ばれるお店がたくさんあって繁盛しているのだけど、そういうお店では学生たちがサッカー観戦をして大いに盛り上がっていた。

今年のアジア大会ではeスポーツが採用されているのが熱い。自分はどの種目も大して遊んだ経験がなくて、今のところ話題についていけてないのが残念だけど、せっかくなので少し注目してみようと思った。

★☆★ 食事 ★☆★
ベトナム料理店『LOI CUON』で頼んだアサリのフォーボー。近所なので重宝しているお店の一つ。基本メニューが4つあるけど、中でも一番好みのメニューだった。
【photo】
week125-1

week 124

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
友人宅に滞在して猫たちとNintendo Switchを預かる。せっかく預かったのでSwitchのゼルダをプレイして「始まりの大地」だけ回ってみたのだけど、この時点で面白すぎて危険だった。料理機能が良いなぁ。

芸術の殿堂(ソウル・アート・センター)へコンサートを聴きに行く。クラシック音楽は全然分からないけれど、ベートーヴェン尽くしなのが自分の好みにはドンピシャで良かった。交響曲6番(田園)の第3楽章以降の高まり方に、何がどうなっているのかさっぱり分からないけど感動してしまう。
【photo】
week124-1

そして、KIASにはミラー対称性の黎明期に活躍した物理学者たちが何名か集まっていた。ミラー対称性に直接関係する仕事からはしばらく離れていたのだけど、間を開けて勉強するとまた違った景色が見えてくるのが楽しい。本当によくこんな理論を作り上げたものだ。

というわけで存分に他人の作品に触発されたので、勇んでザッヘ(自分の原稿)へ帰る。

★☆★ 食事 ★☆★
今年新しくできた近所の定食屋『ドドゥリ』が気に入って週に2度も訪れてしまった。日本の食器を使っているし、やや日本の定食に近いものを感じる。メニューの数は少ないし早い時間に終わってしまうけれど、味付けが丁寧で今後も利用したいと思った。
【photo】
week124-2

week 123

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
原稿を書きつつ、昔から気になっている予想を具体例で確かめようとして計算を始める。なんでこんなにダイナミックで強力な予想を立てられるのか分からないなぁ。

キャンパス内の計画停電に合わせてボードゲームクラブの活動。今回新しくプレイしたのは「秘密のヒトラー」と「ギロチン」で、どちらもシンプルで愉快なカードゲームだった。

秘密のヒトラーは、マフィアや人狼に似た推理ゲームで、リベラルの中に混じったファシスト達を見つけ出すゲーム。ファシストサイドはバレないようにファシスト政策を実行し、ヒトラーを首相に据えることなどを目指す。大統領と首相が選んだ政策を順々に実行していき、リベラルな政策を5回実行できればリベラルサイドの勝ちだ。なのでファシストは行動しないと敗けてしまうため途中で賭けに出ないといけない。そこが非常に良く出来ていると思った。

ギロチンは重要な貴族の首をたくさんはねた人ほどポイントが稼げる不謹慎なゲーム、笑。毎日12人の貴族がギロチンの前に並び、アクションカードで順番を並べ替えたり他のプレイヤーの邪魔をしたりしながら競って重要人物の首をはねていく。3日間でもっとも多くのポイントを稼いだ人の勝ち。

ところで気になる人もいるかもしれないので、先週のクイズの答えを載せておく:

ロボットの初期位置と速度の組 (\mathbf x,\mathbf v)を4次元の格子点と見なす。時刻 t\mathbf x + t \mathbf v に罠を仕掛ければロボットを捕まえられる。そこで、4次元の格子点を、たとえば辞書式にチェックしていけば有限の時間で見事ロボットを捕まえることができる。

★☆★ 食事 ★☆★
弘大の『ネガチマンタッ』でチムタク。チムタク(鶏の甘辛煮)は回基にもあるチェーン店『鳳雛(ポンチュ)チムタク』がお気に入りなのだけど、これはこれでおいしい。野菜は少なめだけど、お餅や小さい餃子が入っている。そして春雨を追加したのは確実に正解だった。
【photo】
week123-1.jpg

week 122

毎週火曜日に、前の週の活動をお伝えしています。

★☆★ 出来事 ★☆★
先週に引き続き大阪で多面体の研究集会に参加。皆の話を聞いたことで、ずいぶんと刺激を受けて帰ってきた。今回自分は古い話をしたのだけど、久しぶりに振り返って分かったこともあって報告集の原稿を書くのが楽しくなってきた。

ところで休み時間の雑談で、面白いクイズを聞いたので紹介:

平面格子上どこかの点にロボットがいる。ロボットは一定の速度で動いていて、時刻が1進むたびに別のどこかの格子点を通過することが分かっている。あなたは各時刻に1つだけロボットを捕まえる罠をしかけることが出来る。罠は好きな格子点にしかけることができるが、一度しかけた罠は次の時刻には作動しなくなる。さて、有限の時間で見事ロボットを捕まえる方法を答えよ。

集会のあと京都にも立ち寄る。京大近くの好きだった紅茶屋さんが閉業していてとても残念だったのだけど、Facebookの情報を頼りに新しい住所を訪ねてみたところ、タイミングよく店主と再会できて茶葉を売って頂けた!これは本当に嬉しかった。

★☆★ 食事 ★☆★
祇園の『まる廣』にも再訪。期待に違わぬおいしさに感動する。お肉はもちろん、松茸やデザートの加納岩白桃も絶品だった。
【photo】
week122-1